飯豊・滝川支流・赤石沢 オモシロ・マンゾク 原生の渓

山行実施日;2009.08.13-15
参加メンバー;Hi・T(L)、Te・I、Na・G、Sa・H

この渓は、飯豊の中では入門コースとなっているが入渓者が少なく、いまだ原生をとどめていた。蝮が日向ぼっこで交尾中だったり、ヒキガエル・メジロアブが群れていて、岩魚が走っていた。渓は長く、殆んど沢通しで水の中を登れることとなった。何か所か小さく巻くが踏み跡も無く、遡行者の判断が重要となる。良いテント場が少なく、造成する必要に迫られた。
翌日は源流部の登りとなり、晴天の小滝群のシャワークライミングは快適でした。一か所崩れた倒木を利用しなければならなくなり、緊張を強いられた。その後、藪こぎ少々で地蔵岳直下へ出られた。ヨシヨシ!!!!
しかし、風越山への下山コースはヤブにおおわれ廃道と化していた。仕方なく、大日杉小屋へと変更下山する。タクシーを呼び、車へ行くこととなった。
オモシロ・マンゾクの山行でした。(Hi・T記)

行程;8月13日:大宮22:00-久喜IC-東北道-福島飯坂IC-米沢-小国滝川林道P4:00、仮眠
8月14日:P7:00・・・赤石沢出合・・・赤石沢遡行・・・トッパノ沢出合・・・大ヒド沢出合・・・12m魚止滝高巻き・・・シノ沢出合・・・権現沢出合上部にてテント泊17:00
8月15日:テント6:00・・・15mチョックストーン滝高巻き・・・イボノ沢に入る・・・8m倒木木登りの滝・・・藪こぎ40分・・・地蔵岳直下12:00~12:40・・・風越山分岐13:00(大日杉小屋へ変更)・・・大日杉小屋登山口15:20~16:00-タクシーにて-滝川林道P17:00-大宮へ16日朝着