剱岳小窓尾根 四日目に山頂に立つ 緊張、緊張の連続

山行日程;5月3日~8日

参加メンバー;Hi.T(L)、Te.I、Ma.A、Sa.H、To.U、Ky.T
5/4:馬場島ゲート6:25・・・馬場島8:30・・・雷岩・小窓尾根取り付き11:00・・・P1600m14:40(テント泊)
5/5:テント場5:35・・・ニードル11:15・・・P2400m14:00(テント泊)
5/6:テント場5:30・・・三ッ窓12:20・・・P2900m15:30(テント泊)
5/7:テント場5:30・・・剱岳6:35・・・早月小屋11:00・・・馬場島15:30

小窓尾根は技術・体力に迷いながら参加した山行だった。危険なところではザイルを出してもらえるものと、あるいは迂回路があるのかも知れないと少し安易だったかもしれない。現場は初めから難関続きだった。雪崩現場を見ることから始まり、急な雪壁の登攀。ザイルの出しようもない、しかし、下は切れ込んだ谷。やっぱり私が来たのは間違っていたのではないかと少し後悔。でも、今更行かないとは言えない。やっぱり足を引っ張ることになるとは思いながら覚悟を決めた。足場がある程度しっかりしていたので良かったが、一歩間違えれば終わりになることは確かだ。慎重に一歩一歩登った。多くの荷物はメンバーに持ってもらいながらも、私にとって重い荷物を背負い、アイゼン履いての岩稜登攀はザイルを出してもらっても緊張した。あと一歩の足場がとれず引っ張り上げてもらったところもあった。「ここが核心部。ここを抜ければ後は何とかなるよ。」という励ましの言葉を何回聞いたことか。今来た道を戻ることさえももはや困難。「行くしかない。」の覚悟だけで登った。そんな連続だったけれど、一日一日と登っていくにつれて見ることのできた山々の景色は感動的だった。四日目にしてやっと剣岳登頂。そして良い天気に恵まれたのは最高だった。「こんな景色見るのは初めて!しかも、こうして登ってこなければ見ることのできない景色なんだと思うとこみあげてくるものがあった。」ここまで辿りつけたのはメンバーのお陰だという感謝の思いを胸に、二度と見ることができないであろうその景色を目に焼き付けておこうとじっと見入っていた。

下山。あとは気をつけて雪稜を下るだけというはずだったのだが、下山道も結構なアップダウンがあり、そうでなければ、長い腐れ雪の急斜面であった。下山になると他のメンバーは足が軽い。体力のない私にとっては下山であっても長距離を一気に下りるのはきつかった。筋肉が疲労してくるとちょっとしたふらつきや滑りに対応できない。四回ほど足を滑らせた。三回は自分でも何とかなると思ったが、四回目は前にのめってしまい、きっかけをつかめずハッとした。その時、Hi.Tさんが下にいてくれて、体をぶつけて止めてくれた。下手したら共倒れにならないとも限らないのに、逃げずに止めてくれた。ありがとう。本当に申し訳なかった。四日かけて登った剱岳を一日で下りてきた。あの足を滑らせたのがルンゼ登攀の時だったら大変だったなと思った。

それでも時が経つにつれ、怖かった思いよりも多くを助けてもらいながらも山行を完了できたことへの感激。綺麗だった景色や楽しかった思い出ばかりが強まっていくのだから勝手なものだと自分ながら呆れている。

怖い思いをして登り、最高に綺麗な景色を見ることができて、天にも近づいた気持になり、下山時は滑落まがいで地獄に落ちるかもしれないところをなんとかこの世にとどまったという感じだ。人はしぶとく生きている時もあれば、あっさり死んでしまうこともあり、その運命は摩訶不思議。今回の経験を通して、「私はまだ生きていて良いのか。私がこの世でしなければいけないことは何なのだろう。」と考えさせられた。私のわがままを容認してくれたリーダーと四人のメンバーに心から感謝します。大宮労山に入って素晴らしい記念になった山行でした。           (Ky.T記)

怖かった、でも最高に綺麗だった

1日目
登山口馬場島のゲート開放されない為、6km手前からの歩きとなる。天気は4日目より崩れるとの予報。テント、非常食合わせて4日分の食料、ロープ、ガチャガチャとメット、わかん、冬山装備とこれで登れるのと思う荷物が肩に食い込む。いつものようにリーダーがテントを持つ。感謝以外に何もない。馬場島から早月尾根方面と別れ白萩川に沿って進む。今年は雪が多く渡渉は無く小窓尾根取り付きまで行けた。雷岩で休憩中、先行の若いカップルが小窓尾根へ取り付き50m位登った所で上から大小の雪ブロックが多数落ちてきて若いカップルに何個か当たり治まりかけた所で走って下降しケガも無く難を逃れた様だ。我々は経験豊富なリーダーの下、登りにくいが木の茂っている尾根っぽい所を選んでルートを刻み進む。急な雪壁で息つく暇がない。寝不足の体に疲れ限界で本日テン場1600m付近の平らな部分で1日の行程終わり。ビールで乾杯宴会後20:00寝に入る。

2日目
リーダーを中心に3時起床。本日核心部だとリーダー、明るくなった5:45出発。スタートは広めの尾根で青空の下気持ち良い。ニードルが目の前に見え本当に登れるのかと思う位にそびえ立っている。ニードルでリーダーがルート探し結局右側より懸垂下降しトラバース後又雪壁を懸垂下降する。尾根と雪の間に大きなクラックあり緊張するその後ドームを登るのに急な岩と雪の壁、緊張の連続、残置ロープと頼りない草木にしがみついて登る。雷岩で合った地元の人がここが核心部だと言っていた。ドームでこれから登るマッチ箱、登ったニードルが鋭く見える。前方に三人のパーティーが岩峰に苦戦しているのが見える。その取り付きまで行くがリーダーが時間を見て少し戻りドーム肩2400m付近に幕営するとの指示。リーダー明日の為に岩峰にロープをフィックスする。又宴会後寝に入る。

3日目
朝2時頃誰かが足がつると騒ぎサプリメント飲め飲まないで3時かと思い目が覚めそれから眠れなく3時起床。快晴5:40頃出発 昨日ロープフィックスした所を登り狭い尾根に着く。登れそうもないマッチ箱がそびえている。両サイドがスパっと落ちていて高度感は抜群。リーダーのお助けロープに捕まりながら慎重に登る。ここが核心部。核心部だらけで緊張の連続。登り降りの連続で雪壁も落ちたら終わりの急な斜面。三の窓への懸垂。50m降り50mのトラバース。ロープでビレー取る。三の窓が幕営場所であったが明日の天気が午後より崩れるとの情報で14:30だが本峰へ向かい新たな幕営地へ向かう。稜線への長い雪壁、疲労で足が重い。稜線の所に2900m付近幕営地を見つけ風よけブロック積む。宴会後寝に入る。

4日目
本日午後より天気崩れるとの情報でリーダー一1:50起床。ウー眠い5:30出発、本峰への登りは急な雪壁で慎重に登る。2時間位で本峰へ到着四日目でやっと山頂。曇り空の山頂からは360度の展望。各自写真撮り早月尾根へ。急な雪壁にはフィックスロープ有り慎重に降る。早月尾根で一羽の雷鳥に合う。感激し写真ぱちぱち。早月尾根も雪壁、雪の割れ目が多く気が抜けない四日目で疲労もピーク。早月尾根からは四日間登った小窓尾根全体が見える。なんだかんだで馬場島。ゲートが開いていることを聞きゲートの所にある車を回収したく帰る人に交渉する。もうみんな必死。親切な人見つけ回収する。日帰り温泉で4日分の汗を流しリーダー行きつけの居酒屋で宴会する。リーダーお疲れ様。  (Sa.H記)

 

怖かった、でも最高に綺麗だった
小窓尾根は技術・体力に迷いながら参加した山行だった。危険なところではザイルを出してもらえるものと、あるいは迂回路があるのかも知れないと少し安易だったかもしれない。現場は初めから難関続きだった。雪崩現場を見ることから始まり、急な雪壁の登攀。ザイルの出しようもない、しかし、下は切れ込んだ谷。やっぱり私が来たのは間違っていたのではないかと少し後悔。でも、今更行かないとは言えない。やっぱり足を引っ張ることになるとは思いながら覚悟を決めた。足場がある程度しっかりしていたので良かったが、一歩間違えれば終わりになることは確かだ。慎重に一歩一歩登った。多くの荷物はメンバーに持ってもらいながらも、私にとって重い荷物を背負い、アイゼン履いての岩稜登攀はザイルを出してもらっても緊張した。あと一歩の足場がとれず引っ張り上げてもらったところもあった。「ここが核心部。ここを抜ければ後は何とかなるよ。」という励ましの言葉を何回聞いたことか。今来た道を戻ることさえももはや困難。「行くしかない。」の覚悟だけで登った。そんな連続だったけれど、一日一日と登っていくにつれて見ることのできた山々の景色は感動的だった。四日目にしてやっと剣岳登頂。そして良い天気に恵まれたのは最高だった。「こんな景色見るのは初めて!しかも、こうして登ってこなければ見ることのできない景色なんだと思うとこみあげてくるものがあった。」ここまで辿りつけたのはメンバーのお陰だという感謝の思いを胸に、二度と見ることができないであろうその景色を目に焼き付けておこうとじっと見入っていた。

下山。あとは気をつけて雪稜を下るだけというはずだったのだが、下山道も結構なアップダウンがあり、そうでなければ、長い腐れ雪の急斜面であった。下山になると他のメンバーは足が軽い。体力のない私にとっては下山であっても長距離を一気に下りるのはきつかった。筋肉が疲労してくるとちょっとしたふらつきや滑りに対応できない。四回ほど足を滑らせた。三回は自分でも何とかなると思ったが、四回目は前にのめってしまい、きっかけをつかめずハッとした。その時、Hi.Tさんが下にいてくれて、体をぶつけて止めてくれた。下手したら共倒れにならないとも限らないのに、逃げずに止めてくれた。ありがとう。本当に申し訳なかった。四日かけて登った剱岳を一日で下りてきた。あの足を滑らせたのがルンゼ登攀の時だったら大変だったなと思った。

それでも時が経つにつれ、怖かった思いよりも多くを助けてもらいながらも山行を完了できたことへの感激。綺麗だった景色や楽しかった思い出ばかりが強まっていくのだから勝手なものだと自分ながら呆れている。

怖い思いをして登り、最高に綺麗な景色を見ることができて、天にも近づいた気持になり、下山時は滑落まがいで地獄に落ちるかもしれないところをなんとかこの世にとどまったという感じだ。人はしぶとく生きている時もあれば、あっさり死んでしまうこともあり、その運命は摩訶不思議。今回の経験を通して、「私はまだ生きていて良いのか。私がこの世でしなければいけないことは何なのだろう。」と考えさせられた。私のわがままを容認してくれたリーダーと四人のメンバーに心から感謝します。大宮労山に入って素晴らしい記念になった山行でした。           (Ky.T記)

剱岳(一言感想)

 剱岳のすばらしい展望と好天にめぐまれ、思い出に残る山行になった。仲間との楽しいかたらいも忘れがたいひとときだった。(Te.I記)

 この度は特別な山行だった。小窓尾根はなかなか行けない場所だ・・・。
今回のメンバーでは難かしいルートだなーあと当初から思っていたがリーダーのもと何ら問題なく完登できた。
又、山行中天候に恵まれ、この天候に助けられた感が最も大きな安全登山につながった。
景観も最高であった。会員の皆さんに素晴らしい写真を公開したい。(Ma.A記)

 自分の技術以上のルート、不安の気持ちで参加した。リーダーの下、いろいろ勉強した。稜線のどこを歩くか、雪の状態を見きわめて歩く。この春山を安全に登るためには多くのトレーニングと経験が必要と感じた。
いろいろな角度から見た剱、美しい。山頂に登った時、雪に埋もれて頂上ここかと、やったと心で感じた。(Sa.H記)

 いままでに参加し雪山の山行ではかつてない程のレベルの高さに、初日から不安な気持ちが大きく、疲労と緊張からすっかり食欲がなくなり体調不良になり皆さんには迷惑と心配をかけてしまいました。
むずかしい山行だっただけにやり遂げた充実感も大きく頂上に立った感動は格別でした。(To.U記)

 好天に恵まれ剱岳小窓尾根を完登できたことをまずは喜びたい。小窓尾根が予想以上にむずかしく、体力、技術、緊張をフル活用させられた山行となりました。
問題点もいろいろありましたがこれから話し合い、、磨き合って解決していきましょう。それでも雪の剱岳はすばらしかったでしょう。感動ものです。            (Hi.T記)

H23GWは 『 剱 岳 』 雪稜小窓尾根→本峰→早月尾根

5/3(火)大宮駅西口20:00発→馬場島ゲート前(ゲート閉鎖中7日開門の看板)車中仮眠。
5/4(水)朝起きると登山者の車がゲート前から左右連続に縦列駐車。何台在るのやら。準備し6:30出発。舗装道路を馬場島登山口まで1時間半を歩く。予期せぬアルバイトを強いられた。道中大窓が大きく開いて天気が良い事を物語っている。8:00登山口、警察の警備派出所&県登山指導センターに計画書を提出し白萩川左岸を進む。この辺りの雪は日陰に少し残っている程度でほとんど無い。橋を渡り一本。右岸沿いに進むと堰堤のような物が、デブリで見えないが本格的な積雪だ。よって渡渉は無い。デブリで埋まった谷を遡上し右岸に大きめな垂壁の露岩。これが雷岩かと思いきや少し手前のボルダーで遊ぶ様な独立した大岩1個。これが雷岩との事。


白萩川を大窓方向に遡上      雷岩の前で

11:00ここで一本。ここから左岸雪の付いた急斜面を登る。先行2人パーティ50mほど登ったところで頭部大小のブロック雪崩が78個ほど落下。直撃は避けたようだが小塊の1個くらいは当たったか、怪我は無い様だ。我々は急斜面の疎林帯を縫っての登行だ。やがて1,600m地点へ。予定の場所での天幕だ15:00。足下には馬場島、マッチ箱の稜線更に早月尾根が、それなりの景観だ。


急斜面の疎林帯の登行

5/5(木)5:45出発。足下の馬場島方向は雲海だ。今日も晴れ模様。アイゼンの音を効かせながら出発。雪壁のアップダウンを過ぎ、陽も上り暑いくらいだ。この辺から見る本峰稜線西側の岩峰は剣特有の有り様だ。険しい急峻な谷(タン)がいきなり稜線に這い上がっている。谷(タン)独特な呼称だ。標高も登るにつれ上昇し大窓も隠れつつ。ここらで見る限り大窓はスキーで下降できそうな感じの急斜面だ。反対東側の大窓雪渓は不明だがどんな感じだろうか。西の赤谷山の景観も登るにつれ都度変化し嬉しい気がする。

格好いいニードルの岩峰を見て、写真も撮り少しずつだが近づいて行く。急な雪壁を登りニードル。ニードルは池ノ谷側、右を巻き更にコルへ下降。ここは15m位懸垂し、西に10m程トラバースし更に20mくらいの懸垂でコルに。支点は立派な立木有り12:00着。【ここで参考に、我々の懸垂下降支点3m手前に道標を示すかのように古い細い6mmくらいのロープがフィックスされていた。このロープに沿って下降するとコルから若干東側にそれ、そのまま切れ落ちた谷へ。振り子トラバースとなってしまう。危険】


かっこいいニードルです

コルからは枯れ草の小さな藪のような疎林交じりの急斜面を登り更に雪壁だ。雪積のない個所には先と同様切れそうな古いロープが道標か、意味不明に着いている。これがドームへの登りだ。ドーム13:00一本。ドームから台形のマッチ箱が正面に。マッチ箱の稜線を通過しなければならない。今日明日の行程が一番の難所の様だ。更に下降。コルへ下降中先行の4人パーティがコルからの登攀で一本入れているようでもなく手こずっているのか緩やかな前進の様子。我々もコルに到着14時。積雪の無いほんの一部が4級程度。我々は時計を見つつこのまま前進か否か。この先のテン場不明。安全安心を優先した結果ドームに戻り、登り返し幕営する事に。テントを張り今晩も剣周辺に居る事を勘違いするくらいの楽しいひと時で、まるで居酒屋だ。(誤解の無いように決して酔いが廻ってという意味ではない)

5/6(金)5:45出発。今日も晴れ午後から崩れる予報。どの程度の崩れか予測つかず。

昨日の折り返し地点、コルまで下降しフイックスロープで10m這い上がる。昨日張って置いたものだ。これで多少時間短縮。積雪を池ノ谷左俣側へ10m程トラバースし急斜面の雪壁を直上する。積雪が締まって足掛が良いが陽が上って温度が上ると腐れ雪、こうなると危ない。この小窓尾根稜線の登り降りはなだらかな個所は少なく、とても急斜面ばかり・・・。

滑落は出来ない。落ちても私の滑落停止技術では止まらないだろう。

よってピッケルワークと一歩一歩の前進が肝要。雪壁から抜け出しナイフリッジを通過しマッチ箱、西端着(コル)一本。いい景観だ。
〈左
 写真〉

この先も気の抜けない危険地帯の連続。いつでも滑落OKの道中だ。なかなか安全地帯に到達出来ないがその反面景観は良い。2,650m地点。池ノ平山からの合流地点だ。小窓の頭で一本。ここからの景観も見事、とくに小窓ノ王への登りの雪壁と言おうか雪稜というか奥に小窓ノ王の岩峰。にくいね、おまけに先行者2人が添えて絵になる。とてもいい構図だ。


雪壁を懸垂下降

さあ出発、ここからコルへ下降しさらに登行し小窓ノ王の基部へ。2,750m 12:20基部を少し廻って懸垂用支点。少し貧弱だが古いものに6mmくらいの新しきもの1本在りそのまま使用した。50m2本ダブルで懸垂下降するが15~20mほど不足。一旦ここで区切り更に下降。池ノ谷(タン)ガリーに下降した。

小窓ノ王岩峰下部を水平に約50m稜線側にトラバース移動。三ノ窓2,660m着。安全地帯に。一気に約100m下降した。チンネの下部も5~60m先。クレオパトラニードルはチンネの陰で見えず。

ここでの幕営は早い。池ノ谷(タン)乗越へは急斜面の雪稜を標高差約200m登行する。登るしかない。

ピッケルワークと一歩一歩の我慢の前進だ。乗っこしは幕営可能だがパーティ少し離れてしまう。待て止まれ先行者、危険信号だ。主稜線の雪壁を登りナイフエッジを通過する。幕営地を探しながら慎重に進むが少し心配になる。無ければ池ノ谷(タン)乗越へ戻ることになる。危険も伴う。見つかった、安堵。

両側が切り落ちたテラスのような場所だ2,890m。少し整地しブロックを積み快適な幕営地になった。4:30午後天候が崩れる予報だったが持ってくれた。その分明日に持ち越しか不安が残る。

明日は長次郎のコルから最後の雪壁だ。コース一番の急斜面と長さが待っている。

まあー今晩も楽しくやろう。


小窓の王懸垂地点から三ノ窓コルへ懸垂。 危険な稜線を幕営地探しながら前進
そのコルから池の谷ガリーを(望む)登高。
高低差約200mの雪璧だ

5/7(土)5:30出発。曇り、風もなく穏やかな朝だ。ほぐれない体で慎重に進む。難所と思われた長次郎のコルからの雪壁もピッケルワークと一歩一歩のリズムと慎重さと我慢で前進。


体がほぐれない早朝に、急斜面の登行。    『 剱山頂 』
子亀がコケたら親亀も、
そして深ーい谷底に皆で沈殿 ?  怖ーい話

長次郎谷の雪渓を山スキーで滑るという計画も在ったが今年は東北大震災の影響もあって暫く出かけられず、山スキーも数回のみで滑っていない。よってこのコースを歩く事にした。主稜からのぞく長次郎谷右俣は熊の岩前後して雪崩の跡。谷の真ん中が凹み滑りにくそう。左俣はいい斜面に見えた。

本ルートの途中の斜面もスキーで滑りたいいい斜面が沢山有ったが、実際その斜面には行けないし、行けたとして目視出来ない下部がどうなっているのかスッパと切れ落ちていたりして。ヘリスキーでもいいなーと一瞬の夢を見つつ溜息をつきながら目視のみで通過する。

八ッ峰。雪稜の黒と白の岩峰群、とても絵になる。いいねーと写真も沢山撮ったが、出来栄えはいかに。さあ本峰が刻々と迫ってくる、本峰着『剣山頂』だ。6:30→6:50

大げさに言うと岩と氷そして雪、雪壁、ナイフリッジもこれで終了。気の抜けない核心部が終わった。

山頂は当然360°の展望。祠は屋根の一部を残し雪中だ。しばし休憩。空は高曇りもう雨でも雪でも、といった強気の感じだ。早月尾根の上部はまだ少々危険な急斜面の雪壁が待っている。しばらくは気を引き締め慎重に下ろう。

雷鳥との出会い、写真を撮り更にドンドン下る。急斜面そしてフイックスロープ有り、腐れ雪で足場も崩れアイゼンはもう不要に。右手にはもう登る事はないだろう、小窓尾根の稜線が見える。営業はしていない早月小屋11:00着、ここは休まず下る。この尾根も長いが更に下る。

何度目かの休憩地点で樹木の芽吹きを発見そして大木と雪渓の間に、名も知らない可憐な小さな花が咲いていた。馬場島登山口ももう近い。更に下降。登山道脇の雪の消えかけた跡にはカタクリや他のきれいな花々が咲き、フキノトウのつぼみも。摘んで行きたいがそれどころでは無いと小さな声で一喝。馬場島登山センター15:30着。みなさん道中安全登山で、ご苦労様でした。

ゲートからここまでの往路は仕方なく歩くが、復路は運良く帰路の車に運転者一人のみ便乗お願いしゲートまで送って貰う。車の持ち主はクライマーで矢張り山が好きでこの3月まで茨城県に在住し、早期退職し4月から念願だったこの地へ移住したばかりとか。(山本誠さん)好き者同士御付合いしたいですね。

その後は温泉そして魚津の割烹へ。我々の飲み会はいつもその辺の安価な居酒屋だがここは料理の鮮度も質も上等、営業のうまい女将さんのいる店、以前も入った店だ。地酒と地の刺身、てんぷら、ホタルイカのしゃぶしゃぶ・・・・。   飲酒しない女性が高速SAまで運転そこで仮眠し無事帰宅した。(Ma.A記)

〈行程〉
5/3  大宮発20:00→22:00東部湯の丸SA→5/4
5/4  0:30有機海SA→馬場島ゲート前1:40(ゲート閉鎖中 5/7から開門の看板) 車中仮眠 6:30 → 舗装道路を馬場島まで   歩く 8:10登山指導センター 8:30 → 11:00雷岩 → 15:00  1,600mテント泊
5/5  テント5:45 →12:50ドーム肩にテント泊
5/6  テント 5:45 →12:20小窓ノ王 懸垂下降地点 → 16:30 長次郎の頭付近 テント泊
5/7 テント 5:30 → 6:30剣岳山頂 6:50 → 11:00早月小屋 → 14:00松尾平 → 15:40登山指導センター→ 帰路に。