鳥海山 この山には 大きな泣き虫がいる

山行実施日;2011.07.21-23
参加メンバー;hama、To.F、Yo.S

埼玉県勤労者山岳連盟の7,8月のカレンダーは鳥海山の写真だ。この鳥海山は十年前、小林栄さんリーダーで登っているが、その時は悪天候で途中で引き返している。このカレンダーの写真を見た時、今年こそ行ってみたいと思っていたところ、Sさんが計画してくださった。うれしかった。前回の経験もあるので、なんの不安もなくすぐに申し込んだ。酒田の町から見上げる鳥海山は富士山の形に似た秀麗な姿。緩やかで穏やかそうな山でこれから登る私にとってはなぜかホッとさせられる。鉾立登山口から出発。始めはコンクリートの石段、そして尾根道はドリルで割って同じ大きさにした石を敷き詰めた石畳が続いている。この工事をした人達は本当に偉い。七合目御浜神社に近付くころ、あちこちニッコウキスゲが咲き、我々を出迎えてくれた。神社にたどり着くと、静まりかえった鳥海湖とニッコウキスゲの黄色の絨毯の広い広い高原に思わず、深呼吸。平日だというのに、大勢の人達がのんびり美しい景観を楽しんでいた。ここで昼食をとり、山頂に向かった。

ここから山頂までは高山植物の宝庫。緩やかな高原のような穏やかな登山道。風が冷たく、猛暑から来た我々にとってこんなに気持ちの良いことはない。空は青空、高山植物を観賞しながら、ルンルン気分。階段状の道を下って着いたところが御田ヶ原。ダダッツ広く天気が悪かったり、霧だったら、自分の進む道を見失いそうな所。そして緩やかな八丁坂を登ると七五三掛。「しめかけ」と読むそうだが、つい、「しちごさん」といってしまう私。ここでも数人の人が休んでいた。ここまでは楽ちんコースで気分は最高。本当に今日は楽ちん山でよかったとホッとしていた。

さてここから運命の分かれ目。千蛇谷コースと外輪山コースに分かれる。私は千蛇谷コースのほうが楽そうでいいなあ、と、思っていたが、休んでいた登山者が皆、外輪山コースを指差していたのと、Sさんが、千蛇谷コースを覗き込み、雪渓の上に落石があるからと、外輪山コースを進むと判断した。

さっそく細い崖っぷちが現れた。(ギャオー。)眼下には樹海の広がりと日本海、水平線が飛び込んできた。今まで見たこともない景色。「地球は丸い」(ワオー。)すごいすごい。カメラにおさめたくても広すぎて、(いや、私カメラなし、実は。カメラにこの素晴らしい景色をおさめ、家に持ち帰りたい)この時ほどカメラが欲しいと思ったことはない。足元は高山植物が咲き乱れ、あの「チョウカイフスマ」も現れ、胸がおどる。景色はよかったのだけど、ここからの登りは岩場の連続、鉄の梯子を登ったり下りたり鎖はないものも、今までの穏やかな登山道とはうって変わり恐怖の連続。自分の口から出るものは、ため息、愚痴、恐怖の叫び。「嘆き節はもうやめて、明日はたっぷり時間があるから、嘆き節は明日にしてくれ」とSさんに叱られた。それからはぐっと口を閉じた。文殊岳、伏拝岳、行者岳と進むうち、今夜の宿、赤い屋根が見えてきて、うれしい。どんどん足が速くなる。時々千蛇谷コースを覗きこむと、雪渓の上に石がゴロゴロ。一人、二人と登山者が歩いているのが小さく見える。あの谷底を歩いている人はこの雄大な景色を見ることができない、周囲は火口壁だけで、花も少ないようだ。外輪山コースを選んでよかったと、思った。

先ほどまで、赤い屋根が近づいていたのに、気がつくと、だんだん遠くなっていて、ついに、新山や、七高山の近くまで来てしまった。赤い屋根の小屋は足元に。どうやって下に下りるの?小屋までの矢印があったが、自分たちの持っている地図にはないし、転げ落ちそうな急斜面。「こんなところがなぜ下りられないのか!」と怒り出すTさん。地図には行者岳から下りるようになっていた。「もどりましょう」とSさんに拝み頼む。プリプリ怒りながら、戻るTさん。歩くのに夢中でTさんも私も小屋へ行く道を見逃してしまった。

もう泣きごとを言ってる場合ではない。下に下りられなければ、今夜はこの尾根で野宿だ。夕暮れになったら、やばい。まだ太陽は高いから、大丈夫だと思ったが、自然に速足になった。やっと、行者岳の近くに下りる道を見つけ、やれやれ。ところが、そこは梯子に始まり、急斜面のすごい岩場、鎖もロープもない。わずかに、手掛かりとなる、岩場はあったが、もう生きた心地がしない。途中で四つん這いになって動けなくなった。真夏のアブラゼミのようにへばりついて、泣きだす自分。前と後ろでTさんとSさんがいろいろ叫んでいるが私にはその足場が見つからない。一生ここにいるわけにはいかないし、どうしよう、どうしよう。やっと、少しずつ足場を見つけ、谷底に下りられた。もう精神がクタクタ。ペたっつと座り込んだ。少し休ませてもらった。もうあの赤い屋根の小屋も見えない。後は岩場をかみしめるようにコツコツ登る。

先頭を登っていたTさんが「着いたぞ」と上から叫んでいた。よかった。神社の庭に着いたときはとにかく、「生ビールはどこだ?」と、騒いだ。ジョッキ生ビール一杯千円。一瞬『高い。』と、思ったが、うまかった。ビールのうまさが体にしみとおり、ブルブルと身震いした。夕方の影鳥海(日本海に浮かぶ鳥海山の影)水平線に落ちる夕日、そして、雲海。無事に登れたから、この景色を見ることができた。山小屋は平日なので、空き空き。一人三枚の毛布を私は五枚使って、いろいろ利用することができた。

翌日、早朝に私を除いてSさんとTさんが新山にチャレンジした。私は昨日の時点で新山には登らないと決めていた。新山は工事現場のコンクリートのがれきを積み上げたような山。そばに大物忌神社や山小屋がなかったら、まるで瓦礫の捨て場。こういう山も有り?。昭和49年に爆発したというから、まだ、新しい山なのですね。だから、新山。酒田の町から見えた優美な姿とは全く違う。驚いてしまいます。神社の庭から、二人が登って行く様子を見守った。Tさんが私に気が付き、時々手を振っていた。なかなかの余裕だ。二人の姿が見えなくなったが、しばらくしてすぐにまた戻ってきた。行き30分、帰り15分と言っていた。

下山は千蛇谷コースを一気に下った。今回の山で一番楽しかったのは雪渓の上をアイゼンをはいて歩いたこと。「ぼくの後ろを歩いてください」とSさんに言われたが、なぜか、ルンルン楽しい歩きで、Sさんを追い抜いて、制止された。もっともっと、雪渓が長ければいいのに、すぐ終わり。楽しいことは短いのですね。

「この山には大きな泣虫がいる」Tさんの言葉。Sさん御世話になりました

鳥海山雑感

登り残した山を消していく山行、今回は鳥海山を目指すことにした。メンバーはF夫妻と私の三名。
日程は次のとおり計画した。

7月21日(木) 新潟経由酒田までJRを利用、酒田から鉾立までバス、鉾立から歩きで御浜小屋(泊)。
22日(金) 御浜小屋・・(外輪山経由)・・鳥海山(新山)・・・鉾立=バスで象潟=JRで酒田(かんぽの宿に泊まり)
23日(土)  酒田市内観光

このような計画でJRの特急券(座席指定)、山小屋もかんぽの宿も予約して21日大宮を出発した。新潟までは順調に行った。新潟から羽越線特急「いなほ」一号で酒田に向かうが、新発田駅でかなり停車していた。中条駅ではさらに長く停車し、乗客もプラットフォームに下りてぶらぶらし始めた。そのうち車内放送で運転打ち切りとバスによる代替輸送の案内があった。理由は強風のためであった。新潟・酒田間は約170㎞、まだその四分の一も走ってない。車掌に聞くと酒田までは約2時間かかるとのこと、これでは予定したバスはもちろんのことその次(最終バス)にも間に合わない。計画の変更を決意する。①きょうは酒田に泊まる。②翌日は一番のバスで鉾立まで行く。③この日は御室(頂上神社)に泊まる。④三日目に下山するが酒田市内の観光は放棄する、以上で合意が得られた。では酒田での宿泊はどうするか。22日に予約してある「かんぽの宿」に振り替えができるか聞いてみることにする。hamaさんがさっそく電話したら「喫煙室が一部屋だけ空いてるけどそこでよければOK」とのこと、これで宿泊は解決。山小屋に予約の変更を入れて、これも解決した。

この日、バスは車掌の言っていた「約2時間」どころか3時間半もかかって酒田駅に到着した。もちろん特急券(座席指定料も)返してもらったが、大狂わせの初日であった。

鳥海山は豪雪地帯にある山で、吹き溜まりには20~30㍍年によっては50㍍の積雪があるということで、夏遅くまで残雪が見られるとのこと、またそういう写真をよく見た。ところが今回登り始めてみるとところどころに申し訳程度の雪しか残っていなくて残念だった。

ガイドブックには「指導標や案内板が少ない」と書いてあったが、現地に行ってみるとそのとおりだった。雪崩などになぎ倒されてしまうためかと想像した。残っている道標も文字が消えている。困ったのは大物忌神社へ降りてゆく道が分からないことだった。行者岳を回ったところから降りて行く道があるはずだ。それらしい道はあった。しかしそこには道標がない。覗いてみると断崖になっていて神社に通じる道とは思えない。そこをパスして大分先に行くと、ちょうど神社の真東あたりに降りて行く道があった。しかしここにも道標がない。一人の登山者がそこを降りて行ったがかなりの急勾配のザレ道のようで、とてもhamaさんを連れてゆく自信がない。時計を見ると16時を回るところだ。小屋の予約の時、係の人から「16時半までに入ってください」と言われていたので神社に電話を入れ「今神社の真上にいるのだがここからは降りられそうにもないので、行者岳に戻りそこから降りて行く」と連絡をして行者岳まで戻った。再度そこから慎重に確かめてみると梯子がかかったりしていてどうやら降りられそうだ。hamaさんに苦労をかけてやっと神社にたどりついた。ここではF夫妻が先行したが二人には気がつかなかったようだが「落石注意」の立て札が立っていた。上を見上げると大岩が今にも落ちてきそうな不安定な状態であった。後でhamaさんが小屋の人に聞いたところ、いまは私が神社に電話を入れたところから降りるのが正式なルートで、われわれが実際に通ってきたルートは落石に危険があるので使っていないとのことだった。
それならなおさら降り口にそういう案内を立てておくべきで、もし危険なルートを知らずに通過中に事故に遭遇すればその通路を作った側の責任が問われるところだろう。

鳥海山は高山植物の種類が多く花もきれいだとはルート経験者からは聞かされてきたし、どのガイドブックにも記されている。私が見た限りでは①北岳山荘から八本歯のコルに抜けるトラヴァースルート、②三伏峠から烏帽子岳に行く途中のコース、③荒川三山の中岳から荒川小屋までのコース、が花畑のすばらしいところだと思っていた。今回鳥海山に来てみたらここが一番だと思った。御浜小屋から鳥海湖にかけてそれはすばらしい花畑であった。

鳥海山は成層火山の山だ。何回も噴火して今の形ができた。酒田方面から見ると緩やかに裾野を広げ非常に美しい。多分反対方面から見ても同じだろうと思う。その裾野を登りながら見下ろすとそこは樹木にびっしりと覆い尽くされ黒々として落ち着いたたたずまいを見せている。しかし頂上から北側を見ると大きな馬蹄形のカルデラとなっている。カルデラができる前にここにあった膨大な量の岩石は約2500年前に今の象潟方面になだれて行って多島海を作り、松島と並ぶ景観を呈していたという。芭蕉が奥の細道で「象潟や雨に西施がねぶの花」と詠んでいた時はまだそういう景色だったが、1804年の大地震で2メートルほど隆起し、その景観は消えてしまった。

新山(2236㍍)にも登った。巨大な岩石がごろごろしている溶岩ドームだ。下から見上げているとその岩が今にも落ちてこないかと不安がよぎったが取り付いてみると意外にも簡単に登ってしまった。太陽がもう大分登っていたので影鳥海は見られないだろうと思いつつ海の方を見渡すと薄く影が確認できた。

地形図を見ていて気付いたのだが鳥海山付近で秋田・山形の県境が直線で描かれているのだ。アフリカ辺りでは植民地の支配者が緯度・経度で線を引いて国境を定めていたことはよくあったが、日本の場合はたいてい川や海、山の尾根をたどって県境等を決めているものと思っていたのでなんとも不思議に感じた。帰ってから深田久弥の「日本百名山」を読んでその疑問が解けた。鳥海山のところで

「・・・米の産地である庄内平野も秋田平野も、この山から流れ出る水でうるおっている。今でも庄内と秋田の水争いで山の領分の奪い合いがあるという。・・・」と書かれている。この本が出版されたのが1964年で現在形で書かれているから多分この時まで決着がついていなかったのだろう。その後、両県で話し合いで「エイ、ヤア―」と線を引いて決着をつけたのだろう。(Yo.S記)