燕岳 山ガール編

山行実施日;2012年8月31日~9月1日
参加メンバー;Ru.T、G2

山を始めて丸2年が経ち3年目に入った。

きっかけは元同僚の山ガールが尾瀬に誘ってくれ、よく分からないままデパートで靴を買い、雑誌を見て、機能性タイツ・半パンツ・ピンクのTシャツ・迷彩柄の帽子・ゲータ・コップ・ぬいぐるみを買った。もちろん地図などは買わない。

コップとぬいぐるみをぶら下げ、エグザエルポーズやジャンプなど撮影しながら登った至仏山は私にこれまでにない感動を与えてくれた。

あれから年に一度秋に山ガールになりみんなと登る事になった。去年は蝶ヶ岳。今年は燕岳。う~ん、何を着ていこう。。はっきり言って服なんぞに金はかけたくない。でも山ガールだ。。。

悩んだ末、一万円以上するミッキーマウスがどこかのブランドとコラボしたチャラチャラしたパンツ(ズボン)を買ってしまった。

さて、新宿から高速バスに乗り中房温泉へ。ゆっくり朝食を戴き、急登で名高い合戦尾根に入る。樹林帯だしガスも出てきたし、主に可愛く写真を撮りながら登ったが、今年は流行のポーズはないらしい。合戦小屋ではスイカも頂いた。だんだん花も目に付くようになってきた。

チングルマの綿毛を見て『かわいい~っ』と騒いでいるので「これはチングルマと言って白くて可愛らしい花が咲いた後こんな風に綿毛が出て、その後に葉が赤く染まるからずっと楽しめるんだよ」と教えてあげた。

『すごーい』『さすがぁ~』の声に得意になっていると『これは?』となんか、白くて小さい花が集まったどこでも咲いている花を聞かれ「それはどこでも見られる花だよ」と教えてあげた。

燕山荘に荷物をデポし、ビールを持って山頂へ向かった。イルカ岩とめがね岩は分かったがゴリラとライオンは発見できなかった。途中、終わりかけだがコマクサが咲いていたので大喜びで伝えると『ふ~ん。 コマクサって?』私の一万円以上するミッキーとコラボしたブランド名は見た瞬間言い当てたのに、高山植物の女王を知らないなんて・・・「高山植物の女王なの・・」『ふーん。。雷鳥って鳴くの?』 「えっ、、うん、かわいくない声でガーガー鳴くらしいよ」『へぇ~。 ライオン岩ないねー』  「・・・」

山頂は雲が切れる事はなかったが時々青空と周りのちょっとした風景を見せてくれた。

燕山荘は人気№1なだけありキレイで従業員の対応もよかった。そしてなによりグッズがいい!かわいいし個性があって、あれもこれも欲しくなるが、1山1グッズ、と決めている私は合戦尾根でスイカ売りのお姉さんが着けていたエプロンを購入した。

予定では大天井岳ピストンで下山するつもりだったが、ご来光も拝めないほどの曇天なので、北燕岳の方から下山する事にした。

途中、餓鬼岳に向かうおじちゃんに『昨日今日の天気じゃあ来た甲斐ないねー』と言われてしまった。ほっといてほしい。

しばらく歩いていると『これかわいい~』と綿毛のチングルマを写している彼女達を見て「ホント。来た甲斐ないねー・・・」と心の中でつぶやいた。    (Ru.T記)