「上州武尊山」視界のない広い尾根の難しさを体験

山行実施日;2013年2月22日~24日
参加メンバー;Sa.H、Ky.T、To.U

〈コースタイム〉
2/22(金);北浦和20:30-関越道・東松山IC-沼田IC-白沢道の駅23:30
2/23(土);道の駅-武尊牧場スキー場P8:30-リフト降場9:40・・・田代分岐13:05・・・ P1680最高到達13:55・・・テント場14:00
2/24(日);テント場8:00・・・小屋休憩11:00・・・リフト乗り場11:45・・・センターハウス12:40

今回は、自分たちで判断をしながら冬山を経験しょうと計画。

当初、他の会のメンバーも入って勧めていたが、仕事で不参加。でも、力強い味方のUさんが参加出来ることになりひと安心です。

ルートを選ぶうえで雪崩、滑落の危険が少ないところを条件にそれぞれが調べ、武尊牧場スキー場から入山するルートに決定。

頂上が踏めなくても、無理をせず行けるところまでと話し合っていた。

金曜日の夜、雪道に不慣れなHさん車でUさんとTさんをピックアップし、白沢道の駅で仮眠。ここまでは道路に雪なし。

朝起きると、小雪がちらつき、うっすら積もっている。朝食をすませスキー場に向かう。途中渋滞になり驚いたが、片側通行になっているところがあり、そこを通過した後はスムーズに駐車場まで行けた。駐車場は無料。

共同装備を分担し、リフト券購入のためトンネルの階段を上り売り場へ向かう。売り場で、パトロール室へ計画書の提出を求められた。計画書を渡すと細かく確認し、これからの天気や危険箇所などの説明や、こちらからの質問にも丁寧に答えてくれてとても親切だった。「上空にマイナス45度の寒気が入っているのでこれから荒れますよ。無理をしないように」と、忠告される。

第5、第6リフトの2本を乗り継ぎ、第3リフトトップに向かって歩き取り付きへ。しばらくは小屋や東屋、案内板があり安心だが、トレースはなく最初からラッセル。誰にも踏まれていない真っ白な雪面に踏み込んでいくのは気持ちい~。なんて言っていられない。膝位のラッセルが、腿までになり、腰までになった頃にはヤケクソになってのラッセル。だもの進まないわな。

樹林帯に入って目印のテープを探すが、あまりないので赤布を2箇所付ける。見つからなかったのは、緩やかな広い尾根でどこでも歩けるので、一般ルートを外れて歩いていた。そのうち、太い木に青や緑のテープが巻かれているのを見つけ、それを目印に進んだ。雪は降っているが、時折晴れ間も見え穏やか。

後ろから、10名位の元気な尾瀬高校の一行がやってきた。調査をしているようで、所々で止まるが進む時は早い。あっという間に道が出来上がっている。別のルートを歩いていたが、誘惑に負けてこのトレースを使わせてもらった。楽チン!

すぐ一行に追い付いてしまった。田代分岐の先で今日はここまでで引き返すとのこと。「私たちは避難小屋まで行きます」と、別れたが深いラッセルで100mも進まないうちに諦め、少し戻りテントを設営。斜面を切って風対策をする。

まだ明るいが早くにビールで乾杯。夕食は水餃子で心も体もあったか。夜はスキー場の明かりと星空がきれいで、「明日は避難小屋まで行こう」と早めに就寝。

4時に起き、きりたんぽ鍋の朝食を食べていると、風が出始め夜中に降り出した雪も大降りになってきた。様子を見ていると、風が強くなってきたので下山することに決めテントを撤収。撤収している間にどんどんトレースが消えて行く。吹雪になり、テント場から少し歩くと完全にトレースがなくなってしまい、またラッセルが始まった。

地図と磁石でルートを外さないように気を付けながら歩くが、視界が悪く、広い尾根なのでどこを歩いているのかわからない。あんなにテープの巻かれた木があったのに、木に雪が付き見えない。

磁石のとおり進むと、急な下りになり、登りでこんなところはなかったはず。Tさんが持ってきたGPSで確認すると、ルートよりズレていた。パトロール隊員が教えてくれた、遭難があったとされた場所に下ってしまった尾根かと思われる。

後でGPSの軌跡を見ると右や左に蛇行して歩いていた。GPSがなかったら帰れなかったかもしれない。

しばらく進むと赤テープを見つけ、そのうちトレースがわかり三合平近くになると人口物が現れホッとした。樹林帯を抜けると、モーレツな風でトレースはなくなり、またラッセル。

休憩をしたく、なるべく風の当たらないところをと、小屋を見つけたので高い雪壁を階段状にして軒下まで降りた。少しは風よけになり、温かい飲み物と行動食を摂り元気が湧いた。

スキー場の音楽が聞こえてきたが、視界が悪いのでリフトは見えない。風の影響で動いているか心配。第3リフトの係員に、第5リフトの動いていることを確認し、2本乗り継ぎ無事下山。パトロール室に下山報告をすると、「よかった」と暖かく迎えてくれた。

帰りのリフト代を払うため、UさんとTさんにリフト券売り場に行ってもらうと「心配していましたよ」と、言われたそうです。

駐車場に止めた車の上には、大量の雪。動かそうとしても、タイヤがスリップして動かない。前日説明書を見ながら練習したチェーンを巻き、ようやく脱出。雪がなくなり、チェーンを外すのもひと苦労。

また雪が降り積もる前に帰らなくてはと、温泉に入るのは諦めたが、食事だけはしっかりと摂って帰った。初めてだらけの山行はよい経験でした。                      (Sa.H記)