草紅葉の火打山

山行実施日;2013年9月20日~22日
参加メンバー;Yo.S、Ki.F、Ki.W、Ka.T

昨年は苗場山で、今年は火打山で草紅葉を楽しみたい。9月20日、大宮を出発、長野までは新幹線、信越線に乗り換え妙高高原へ、さらに頸南バスで笹ヶ峰に着く。時間があったので、乙見湖を散策に出かけるが、戻るときに一本道を早く曲がり、サルの集団に出会った。

さらに、黒沢の出会いで道がなくなり、戻ることになったが、途中、しっかりした道が見つかり、キャンプ場に戻ることができた。山小屋、明星荘は、部屋もきれいで、料理もおいしかった。

21日、快晴、黒沢の出会いまで、なだらかな木道を登る。12曲りから富士見平まで大きな岩がゴロゴロある急登だ。富士見平は落葉すれば、富士山が見えるということだった。黒沢岳の左を巻いて、高谷池ヒュッテに着く。

さすが、人気の山、たくさんの人だ。真新しいザックを背負った若いカップルが目立つ。火打山をバックに草紅葉の高谷池、さらに天狗の庭から尾根筋に登れば、池塘の向こうに高谷池ヒュッテのとんがり屋根がかわいい。

最後の登りを詰めれば、火打山の頂上は、360度の展望。S古さんが山座同定の秘密兵器を持参、望遠鏡にコンパスがついており、その度数を20万分の1の地図にコンパスで落とし、山を確定するというもの。西に、剱岳、鹿島槍、槍ヶ岳、南に、乙妻、高妻山、東に妙高山の外輪山が見えた。焼山は踏み跡がついているが、噴煙が上がっていた。

下山からしばらくして、S古さんの調子が良くない。荷が重いのだが、今回、わたしも少し重くしてきたので持つことができない。F原さんとW部さんが持ってくれた。私が先頭を、F原さんが最後尾、W部さんがS古さんを見てくれた。

本当に辛そうで心配したが、無事、黒沢ヒュッテに到着。 ビールで乾杯、元気な様子にほっとする。夕食は出来合いの物が、温めて出てきただけ、朝食は、クレープにイチゴ、ブルーベリージャムこれに、コーヒー、コンソメスープがつく。

翌朝、S古さん疲れすぎて眠れなかったとのこと。ここで、妙高山へは中止を決定する。私は、妙高山の外輪山をトラバースする燕新道を、S古さんは、富士見平に戻り、笹ヶ峰コースをそれぞれ提案、すぐに、小屋の人に相談した。新道も12曲り同様に岩がゴロゴロしているとのこと。S古さんが言うように、笹ヶ峰の方が150mほど高いということから、こちらに決定する。ゆっくり下山。

早く着いたので、また、地図をだして山座同定を楽しむ。妙高山は、春の残雪期が楽しいかもしれない。      (Ka.T記)