安達太良山 ほんとうの空の下 紅葉を求めて・紅葉の山三座

山行実施日;2013年10月3日
参加メンバー;Ka.T、他6

安達太良山は放射線量の値が大きい山と言うことで「行きたいけれど・・・」と断念した方もある。新聞欄では福島の値は他地域より一桁多い。10月23日の福島の値は0.35、埼玉は0.049(マイクロシーベルト毎時、原子力規制委員会発表)。放射線量の高い山の空では本当の空とは言えない。

ゴンドラから降り、霧雨混じりのガスの中を30分程度の登りで、思っていた以上の一面の紅葉に遭遇。一瞬、ほんの一部だが青空が覗き、紅葉に日が刺さる。来た甲斐があった。しかし、視界不良の上、風も強く肌寒いので山頂は諦め、エスケープルートを下る。風も凌げ、比較的に紅葉の綺麗な場所で遅い昼食を摂る。くろがね小屋付近の斜面は綺麗に色付いて見える(隣の花は赤い!)。リンドウの紫の花、ツルリンドウの赤い実を見ながら下山した。

以前来た福島市花見山にブルーシートの塊がたくさん置いてあったが今回は見当たらなかった。一日も早く放射能の影響を除き、子供たちにも安心して住める福島になって欲しい。そして、行きたい方誰もが、福島のほんとうの空に映える紅葉が見られることを切に願う。