上越谷川岳(天神尾根から)

山行実施日;2013年12月12日~14日
参加メンバー;Sa.H、Ke.H、Ka.I、Ma.A、Ka.T、To.S、Yu.I、Sa.H、To.U、Hi.Y、Ku.U、Ky.T、Ka.T、G1

山頂ロープウェイ駅8:15・・・熊穴沢の頭避難小屋10:00・・・トマノ耳11:15・・・熊穴沢の頭避難小屋13:00・・・山頂ロープウェイ駅14:10

隊長;1班 H竜、2班 H高、3班 H谷川、4班 U上神
「隊員」;A島、I村、Y内、I丸、T脇、U田、S田、T川、T橋克、W辺(三郷山の会)14名

第2回初級雪山山行、初回は3名で2回目は総勢14名の大所帯となった。天気が西高東低冬型の予想で行く前から稜線上は強い風と雪の予想。山頂無理なら天神平でセックンとスノーバー、ロープ50m、スコップ、ゾンデ棒と雪崩ビーコン持参する。

又、稜線上での風雪体験もできるということで、この天気でも決行した。水上に入ったら路面は雪、仮眠場所の土合駅に車を横着けし、降雪の中荷物を土合駅に運ぶ。

こんな天気の中、登る人がいないだろうと思っていたが最終的に私たち以外40人者がいる。ホーム側にテントを張り、切符売り側に場所確保。宴会前に他の人に迷惑ならないよう音声テストしいつもの宴会酒好きだね。

朝出発予定から40分くらい遅れる。天神平に付くと晴れ、気温マイナス5度、無風、予想外。新雪が40㎝位ある。絶好のラッセル訓練できる。ザックに有るセックン道具が重く感じる。班分をして、各リーダーが責任を持って山行することにした。

班ごとトレースで行く班、ラッセルする班と色々、上越の雪としては軽く腰まで潜るラッセルも楽。稜線はトレースも有りアイゼン、わかん無しでも歩ける。風もなく新雪の上を春山のようだ。

周囲の展望も良く山々が写真のように見える。山頂付近らの風と舞い上がる雪で体感温度は下がる。

12時をタイムリミットした為、全員が谷川岳に登ることが出来なかった。1日中天気に恵まれ帰りも新雪の柔らかい雪に足を取られながら下山した。

天神平ではスキーヤーの人数よりセックンしている人数が多い。ツアーが多く入っているようだ。帰りは諏訪の湯300円で汗を流し明日のクリスマスハイクに備える。

(各班感想)

1班:H竜隊長
約1名が天神平で稜線までラッセル訓練パワー余りオキノ耳まで行く。約1登頂できなかった。ペース配分問題あったか反省、好天に恵まれ景色を堪能した

2班:H高隊長
出発時間が大人数の故か遅れてしまいどうなることかと思いましたが、この時期には珍しい好天に恵まれて引き返すデッドライン12時の5分前に山頂に到達することが出来ました。

惜しむらくはパーティーメンバーだったT脇さんが登頂できなかったことで、事前の装備確認等をしておけばよかったというのが反省材料です。

3班:H谷川隊長
思いも寄らぬ好天に恵まれ、視界良好の山行でした。トレースもバッチリついていて、たまに新雪に足を踏み入れるまったりモードの我が班。輪かん、アイゼンの装着・歩行、ピッケル使用のバランス感覚を呼び覚ましながらの、無理のない今季初雪山を堪能しました。

4班:U神隊長
時折雪煙が舞う中、歩くと吹き出てくる汗。一休みすると冷え込む。総リーダー、4班班長のUさんやAさんなどに見守って戴き、頂上へ到達。青い空の下の白い山々と笑顔の多くの仲間と頑張れた自分に「あぁ~いいなぁ。」とつくづく思う。反省点も課題もたくさんあるが克服しまた雪山にチャレンジしたい!大変満足できた山行ができ、感謝しています。(T橋克記)


登頂した面々