雪に悩まされ、富士に嫌われた 十国峠~岩戸山

山行日 2014年3月5日

埼玉自宅近くに前日降った雪は路地を除き溶けていた。ところが海岸線を抜け熱海近くになると山の木々には雪が積もっている。

 

 

姫の沢公園の看板の案内図とアスレチックの番号とにらめっこをしながら十国峠を目指す。5万分の1の地図も役に立たない、こういった場所の地図読みはいつも難しい。笹や木を揺らしてしまうと雪が頭などに降り注ぐ。天気も雨の心配はないようだがよくない。

 

十国峠近くでは熱海市街、相模湾、真鶴半島、初島、駿河湾、沼津アルプスなどがやっと確認できる。岩戸山では周りの山々とは異なる茶色の人工的な茶碗を伏せたような山も見える、休火山の大室山らしい。そして、遠くには伊豆大島。その頂上付近は白く見える。雲ではなく雪を被っている?ようだ。しかし、富士山は終日顔を出してくれなかった。日本一早咲きと謳っている梅園の駐車場入口には薄ピンクの花が咲いている。管理人さんの話では「河津桜より早咲きの熱海桜だ!」と言う。梅は五分咲き位で、背景の山の木々の幹や葉にはまだ雪が付着しそちらも花が咲いているように見えた。

メンバー 小栗、佐々木雅、上神、福田利、高橋克(記