東秩父、山旅・一人旅皇鈴山

2015年9月12日(土曜日)

皇鈴山の山頂

急に思い立って東秩父の山 に登ってきた。山地図を見な がらさてどこに行こうか?や っぱり手軽な秩父方面に目が 向いて、東武東上線沿線の山 を調べ、まだ歩いた事の無い 山、愛宕山・皇鈴山(みすず 山)・釜伏山に決定。 小川町でバスに乗り内出バ ス停からの歩きとなる。所が 二本木峠までの標識を辿って 行ったら、先日の豪雨で橋が 流され道が寸断、やむなくバ ス道路を迂回して山道に入る 事になった。 その山道も半分水が流れて いて酷い事になっていた。選 ぶ山を間違ったか?時期を間 違ったか?煩悶しながら何と か二本木峠に到着で、小休止。 あまり歩かれていない道な のか、それとも豪雨の影響か 荒れた山道を黙々と歩く。今 年の夏の登山やクライミング の事を考えながら、反省ばか りが脳裏を横切り、気がつけ ば愛宕山を通り越してしまい 西に展望が開けた皇鈴山に着 いてしまった。 あずま屋が庇を伸ばし静か に鎮座している。あまり天気 は良くないが、気軽な一人旅 誰とも合わないハイキングも たまにはいい。 北アルプス・赤木沢の挫折 から始まり、北鎌尾根を諦め、 あれほど登りたかった前穂・ 北尾根も中止にしてしまった 後悔の念が蘇る。しかし過ぎ 去った過去は戻ってこない。 果たして、その判断が正し かったのか?いくら考えても 考えても自分を納得させる答 えは見つからない。まったく 今更何を思い悩んでいるのだ ろうか? 水分補給して登谷山・釜伏 山に向かう、静かな登山道に 山栗が一杯落ちていた。 仙元峠で道を間違え引き返 し、大平山からの下山も間違 えてゴルフ場の脇を歩く羽目 になり、途中の近道も荒れて いて「行きは良い良い帰りは 怖い」で、波久礼駅に到着、 寄居橋から見下ろした荒川は 黄土色に染まっていた。 時間的に余裕があったので 「簡保の宿」で汗を流し、自 動販売機でビールを買ってプ シュッと、宿の無料の送迎バ スで寄居駅まで送ってもらっ た。まあ、終わりよければす べてよしの山行でした。 (記 塩D)

コースタイム 打出9:40~二本木峠10:50 ~愛宕山11:10~鈴皇山11: 30~塞神峠12:40~寄居橋1 4:20~波久礼駅14:30