草 原 の峠 将監峠 標高 1,795m

2015 年 9 月 12 日

滝 川 古 礼 沢 か ら 五 十 の 山 の 一 つ で あ る 雁 坂 峠 を 目 指 そ う と 思 っ た 週 末 だ っ た が 、 台 風 十 八 号 が 通 過 し た 直 後 の 週 末 だ っ た こ と も あ り 、 将 監 峠 を 少 し 長 め の 尾 根 歩 行 周 回 に よ り ア プ ロ ー チ す る こ と と し た 。 前 日 夜 、 道 の 駅 丹 波 に K 籐 車 、 Y 城 車 二 台 で 集 合 。 菊 T さ ん は Y 城 号 で 早 々 に 車 中 泊 。 男 衆 は 例 に よ っ て 飲 み 会 で す 。 K 籐 さ ん は 二 日 分 の 酒 を 飲 ん で し ま っ た よ う だ 。 翌 日 、 朝 五 時 に 起 床 し て 三 十 分 後 に 出 発 。 と こ ろ が 一 ノ 瀬 川 沿 い の 車 道 が 土 砂 崩 れ の た め 通 行 止 め と な っ て い て 、 や む な く 犬 切 峠 か ら の 迂 回 ル ー ト を 辿 る 。 下 山 口 の 三 ノ 瀬 に K 籐 車 を デ ポ し て Y 城 車 で 登 山 口 の 作 場 平 橋 に 向 か お う と し た ら 、 何 と こ こ も 土 砂 が 道 路 上 に 堆 積 し て い て 通 行 不 可 。 と い う こ と で ま た ま た 犬 切 峠 経 由 で 作 場 平 橋 に 向 か っ た た め 、 か な り 時 間 を ロ ス し て し ま っ た 。 道 路 に は 至 る 所 冠 水 の 跡 が 見 受 け ら れ 、 相 当 の 豪 雨 だ っ た こ と が 伺 え た 。 東 京 都 水 道 局 に よ り よ く 整 備 さ れ た 登 山 道 を 会 話 し な が ら 登 る と あ っ と い う 間 に 笠 取 小 屋 に 到 着 。 水 が ふ ん だ ん に 出 て い て 、 ト イ レ も き れ い だ っ た 。 一 休 み し て か ら 笠 取 山 へ 向 か う 。 途 中 、 富 士 川 、 荒 川 そ し て 多 摩 川 の 分 水 嶺 を 経 由 し て ち ょ っ と し た 急 登 を パ ス し て 笠 取 山 山 頂 へ 。 こ の 時 点 で は ガ ス が 多 少 渦 巻 く 感 じ で ス カ ッ と し た 晴 れ で は な か っ た 。 風 が 強 い の で 休 憩 も そ こ そ こ で 歩 行 を 再 開 。 少 し 歩 く と 本 当 の 笠 取 山 頂 だ 。 一 旦 下 っ て 山 腹 を 巻 く 感 じ で 黒 槐 尾 根 に 乗 っ か り 、 そ こ か ら は 稜 線 上 の 奥 秩 父 ら し い 自 然 林 と ク マ ザ サ の 混 交 林 の 緩 い ア ッ プ ダ ウ ン の 稜 線 を 歩 く 。 今 回 の 最 高 峰 、 唐 松 尾 山2109m は 残 念 な が ら 眺 望 は な し 。 歩 行 再 開 し て 、「 こ こ は お 勧 め で す よ 」と K 籐 さ ん 推 奨 の 西 御 殿 岩 へ の 分 岐 ル ー ト を 辿 る 。 ち ょ っ と し た 岩 場 を 越 え て 行 っ た 西 御 殿 岩 は 三 百 六 十 度 の 眺 望 に 恵 ま れ た 絶 好 の ポ イ ン ト だ っ た 。飛 竜 山 、 雲 取 山 、 和 名 倉 山 、 西 仙 波 と 東 仙 波 が よ く 見 え る 。 富 士 山 を は じ め と し た 遠 景 は 残 念 な が ら 雲 に 隠 れ て い た が 、 景 色 が 素 晴 ら し い の で つ い つ い 長 居 を し て し ま っ た 。 来 た 道 を 一 旦 戻 っ て か ら 将 監 峠 へ の 緩 い 下 り の 道 を 辿 る 。 和 名 倉 山 へ の 道 を 左 に 分 け 、 次 に 三 ノ 瀬 へ の シ ョ ー ト カ ッ ト ル ー ト で あ る 七 ツ 石 尾 根 ル ー ト を 右 に 見 送 っ た ら 、 ク マ ザ サ に 囲 ま れ た 穏 や か な 草 原 の 将 監 峠 に 着 い た 。 ち ょ う ど 日 が 差 し て い た こ と も あ っ た が 、 と て も 落 ち 着 い た 気 分 に さ せ ら れ る 。 峠 か ら 少 し 下 っ た と こ ろ に あ る 将 監 小 屋 、 こ こ も ト イ レ は き れ い だ っ た 、 で 行 動 食 を ほ お ば り 、 軽 自 動 車 も 通 れ る 登 山 道 を 会 話 し な が ら 降 り て い く 。 今 日 は ず っ と 話 を し て い た な あ 。 そ の 割 に は よ い ペ ー ス で 歩 け ま し た 。 三 ノ 瀬 に 到 着 し て 、 道 の 駅 丹 波 に 併 設 さ れ て い る 「 の め こ い 湯 」 で 汗 を 流 し て 山 行 は 終 了 で す 。

メンバー H高(L)、K 籐、菊T、Y 城 ( 飯 能 労 山)

コースタイム 作場平 7:00-7:27 一休坂分岐-8:22 笠取小屋 8:35-9:10 笠取山 9:20-10:58 唐松尾山 11:14-11:46 西 御 殿 岩 12:14-13:07 将 監 峠 -13:12 将監小屋 13:38-14:49 三ノ 瀬