日和田山・ 物見山

山行実施日 2016.1.23

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

当日の天気は雪予報。午前中は何 とか持つかと思い、降っても雪なら 大丈夫とハイキングを決行。今回の 山行に備え、黒尾根を下見に来たが、 その登山口を発見出来ずに藪漕ぎに なり、その後しっかりと踏み跡のつ いた登山道を発見してほっとした。 下見の甲斐があり、当日は順調に 黒尾根登山口へ。標識は民家の表札 ほどの大きさで、奥まった狭い道な ので見落としやすい。クライミング では日和田に良く来るものの、山頂 を訪れるのは4回目。まずは、黒尾 根を経由して物見山へ。黒尾根は展 望は無いが人も少なく静かな山歩き ができる。物見山近くになり、途中 から雪が凍った箇所が出てきたので ゆっくり進む。10時40分に山頂 に到着。物見山の山頂は広く開けて 天気が良ければ日が射して暖かい。 本日も予報が好転し、回復してきて いる。ここで、軽く休憩し、日和田 山途中にある東屋へ向かう。ここか らの下りは軽アイゼンが必要だ。日 和田といえど、降雪後の残雪が凍っ ている。ここまでサンダル履きだっ たH高さんもさすがに靴に履き替え た。舗道に出る手前で軽アイゼンを はずす。東屋はすぐそこだ。アスフ ァルトを数分あるくと到着だ。東屋 は大きなテーブルと椅子があり、雨 でも心配ない。公衆トイレも隣にあ るのでちょっとした宴会ができる。 本日の昼食にキノコ汁を用意した。 キノコ汁にすいとんを入れてボリュ ームもつけて熱々をみんなで頂いた。 青空も見え始め、陽だまりでポカポ カだ。気が付けば、目の前にロウバ イが咲いていて春らしい。ここは、 展望もあり、ロウバイも見えて日和 田山ではおすすめの休憩スポットだ。 気が付けば1時間半も休憩(宴会) していた。春の陽気と日和田山とい うまったりな山歩きで、歩きも気持 ちもまったりだ。皆ほろよいで、〆 に焙煎珈琲屋のコーヒーをドリップ して頂いた。〆のコーヒーは最高に 美味しかった。 ここからは、今回の一番の目的地、 50山のひとつ、日和田山頂を目指 す。再び山道に入りどんどん下ると すぐに山頂に到着した。展望も良く 天気予報が嘘のように遠くまで見渡 せる。全員で記念撮影して目的達成。 おなじみの男岩女岩へ向かう。男岩 の上でしばし日向ぼっこ。今回のメ ンバーは全員クライミングをするの で、午前中に山頂に登って午後クラ イミングも良かったかも、と冗談を 言いながら岩場を登る人達を眺めな がら下山した。天気が雪予報から晴 れに変わったのんびりハイキング。 下山も早く、楽しい山行だった。

西武線・高麗駅発8:50 黒尾根登山口9:05 物見山10:40 東屋(昼休憩)11:20~ 12:55 日和田山13:20 高麗駅着14:40

メンバー: L:K池 K藤 塩D H高 結K