中 部 ブ ロ ッ ク 交 流 会「喧 騒 と 静 寂 の は ざ ま で」

2016年2月6日

春 近 く に な る と 街 中 の コ ン ビ ニ ・ ス ー パ ー は 、 節 分 の 『 豆 ま き ・ 恵 方 巻 き 』、 過 ぎ る と 『 バ レ ン タ イ ン 』、 更 に 『 雛 祭 り 』 の 飾 り つ け と 宣 伝 で や か ま し く 慌 た だ し い 。 で も 、 少 し 街 中 を 離 れ る と 自 然 の 音 が 聞 こ え て く る 。 【 中 部 ブ ロ ッ ク 交 流 会 】 『 カ ワ セ ミ 、 ア カ シ ョ ウ ビ ン 、 ノ ス リ 』 な ど の 野 鳥 、 埼 玉 県 の 蝶 『 ミ ド リ シ ジ ミ 』 や 『 オ ニ ヤ ン マ 、 ホ タ ル 、 ク ツ ワ ム シ 、 カ ン タ ン 』 等 の 昆 虫 が 観 ら れ る と HP に あ る 北 本 自 然 観 察 公 園 を 、 喧 騒 の 街 中 か ら 歩 き 、 中 部 ブ ロ ッ ク の 方 と 訪 れ る 。長 尺 の レ ン ズ を 付 け た カ メ ラ マ ン が 多 い 。 鳴 き 声 か ら 鳥 を 見 つ け る の だ ろ う か ? こ の 時 季 は 見 つ け や す い の だ ろ う か ? 皆 さ ん 歩 く の が 速 く 、 最 後 尾 と な る 。『 カ ワ セ ミ だ ! 』 と の 声 が 前 か ら 聞 こ え て く る 。 食 事 が 済 ん だ の か の ん び り 悠 然 と 翡 翠 の よ う な 羽 を た た み 冬 枯 れ の 木 に 止 ま っ て い る 。 野 外 活 動 セ ン タ ー に 移 動 す る 。用 意 し て 戴 い た モ ツ 鍋 ・ う ど ん ・ 弁 当 を ガ ッ ツ リ 食 べ 、日 の 光 を 浴 び 風 に 当 た り 、 世 間 話 を 楽 し む 。 室 内 に 場 所 を 移 動 し 各 会 の 紹 介 が 始 ま る 、 大 宮 労 山 は Sy さ ん に し て 戴 く 。 Ok さ ん が 持 参 の 会 報 を 机 上 に 並 べ た ら 、 他 会 の 皆 さ ん は 熱 心 に 視 て い る 他 。 会 の 山 行 報 告 で は 温 泉 宿 宿 泊 の ほ の ぼ の ま っ た り の 『 乳 頭 山 雪 山 山 行 』 と 、 う ら 若 き 女 性 三 人 組 の 膝 の 痣 が 痛 々 し い の に 乙 女 チ ッ ク と 感 じ た 黒 部 川 『 上 ノ 廊 下 』 が 印 象 に 残 る 。「 他 会 と の 会 員 と も 一 緒 に 山 に 行 き た い ね ! 」 と Kk さ ん は 言 っ て い た 、 同 感 で あ る 。 (記  T K)

◆ O 野 Ok 、 S 古 佳 Sy 、 W 部 、 福 D( 美) 、S 々 木( 雅) 、G 藤 、 K 原 塚 Kk 、 T K