日和田山での岩トレに参加して

2016年2月7日

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

雪予報のため、前々日アイ ゼンが必要と思い仕方なく石 井スポーツへ。ついでに靴を かうはめに。何故なら、一つ しかない今の靴には「アイゼ ンが着かない」と言われたた めです。 当日の朝は、前夜降った雪 が積もり素晴らしい雪景色の 中、私達一行8人は出発しま した。 木の枝・葉に積もった雪が 太陽と共に溶けてポタポタと 落ちまるで雨の中のトレーニ ングでした。手足は凍え身体 は震え寒くて寒くて参りまし た い 。 ざ岩を前にして緊張して ドキドキしました。1回目は しっかりと岩をつかみ、足場 をさがして上へ上へ。下り は下が見づらいので、腰を落 とし良く見えるように教わり なんとか降りることが出来ま した。 2回目3回目と練習するう ちに楽しくなりました。クセ になりそうです。参った参っ た。 (追伸) 買ったばかりのアイゼンの出 番はありませんでした。(記 清Z八)

岩トレ始末記
前日の夜の天気予報を見て びっくり、まさかの降雪の予 報。本来なら中止のコンディ ションなのですが、連絡が遅 くなってしまい、ダメなら日 和田山のハイキングでもと思 い決行。 8時40分集合で高麗駅か ら岩場に向かう。木の葉にう っすら雪が残っていたがアプ ローチの道はそれ程濡れてい ない。 こんな条件では貸し切り か?と思ったら、もの好きな 1パーティーがいてアルパイ ンのロープワークをやってい た 早 。 速トップロープの構築で 島田さんを引き連れて女岩に 裏から廻り支点のセットのう んちくを。 9時半頃から取り付きまで の傾斜面で講習開始です。ト ップロープでの登り降り、皆 さん真剣なまなざしで繰り返 しています。 日が射してくるにつれ木の 葉に乗っていた雪が溶けだし てまるで雨中の訓練になって しまい、午前中で取りやめ。 昼食の後、急遽日和田山の ハイキングに変更、岩場の脇 から登り、すっかり晴れ渡っ た頂上からの展望を楽しんだ。 (記 塩D)