初めてづくしの赤岳

2016年8月20日~21日

8/20雨:赤岳山荘出発時より小雨、次第に本降りとなる。行者小屋到着後、雨の中テントを張る。雨の為外に出ることも出来ず早々に乾杯! 夕食の食担はH高さん、メニューはサラダ・ひじきの煮つけ・きのこ汁・焼肉。翌日の天気を気にしつつ床に就く。

8/21 晴後曇:前日とは打って変わって晴天。予定より遅い起床。朝食は初めての食担、メニューは茹でるだけのパスタ・豆とキャベツのサラダ。昨日の夕飯が立派だっただけに申し訳無く感じるも、完食していただき感謝。朝食後、天気がもってくれることを願いつつ赤岳に向けて出発。地蔵尾根のハシゴや岩場をアドバイスを受けつつ登っていく。程なくして地蔵の頭に到着、眺望が素晴らしい。地蔵の頭より山頂までの道のりにはコマクサをはじめ高山植物が咲いていた。山頂直前でガスが上がってくるも、これが幸いしてブロッケン現象を見ることができた。買い物のため赤岳頂上山荘に立ち寄らせてもらった後、赤岳山頂へ。写真撮影・休憩後、文三郎尾根を下る。苦手な下りで先頭を行くK藤さんに着いて行くのが精一杯ではあったが、時折ガスの中から見える景色を楽しみながらの下山となった。行者小屋到着後、テント撤収、前日通った道を辿り赤岳山荘の駐車場に戻る。最初は自分以外全員ベテランで参加することさえ躊躇していましたが、皆様のご指導のもと、山の登り方等学ぶことができました。特に足元ばかり見ていてコースを見失うことがある自分には、「コースのちょっと先と足元を交互に見て歩く」というのはぜひ実践していきたいと思います。また、登山経験が浅いということで皆様に気を使っていただき助かりました。下りが苦手だとのことを伝えると、当初の文三郎尾根を登り地蔵尾根を下る予定を逆に辿るコースに変更していただき感謝しています。地蔵尾根が下りだったらと思うとゾッとします。朝食のメニューのアドバイスも参考になりました。食担・コマクサ・ブロッケン現象と初めてづくしの山行、最初の不安とは裏腹に存分に楽しむことができました。(記 田N)

メンバー CL H谷川さん 、SL K藤さん 、H高さん、H竜さん、 、田N