尾瀬・アヤメ平とは名ばかり 小川山のバーベキューが中止になって・・・

2017年9月28日

今年のクライミングの大イベントで楽しみにしていた小川山が天気予報の悪化で中止になってしまい、さてどこに転進しようかの相談で、尾瀬の日帰りハイキングに落ち着いた。

尾瀬は春先の水芭蕉のシーズンがメインなのですが、7月も結構お花が綺麗だよとの情報もあり、大清水からのあやめ平~鳩待峠のマッタリコース、クライマーが行くコースとしては「軟弱な!」とか言われそうだけれど・・。

そうそうたるメンバーは、h竜さん、s木さん、k坂さん、y城さん、k池さん、t田さん、そして急遽s崎さんと私、総勢8人のパーティーです。

前夜発、2台の車で大清水の駐車場から、2年前の春に登ったコースは全く別物、自然林の豊かな林道を3時間ほど歩いて富士見小屋に到着、閉鎖された小屋の辺りは静まり返っている。

なだらかな木道に導かれ牧歌的な雰囲気が続いた周りにはワタスゲの群落が見事です。

それ以外のお花は見当たりません。ゆっくり歩いてやがて目的地に到着、名前の由来のあやめは? と言うとその湿原には群生していたはずの面影もなく、唯一池塘の前に申し訳なさそうに1本だけ咲いていました。

多分心ない人々がどこかに持ち運んだに違いがない。悲しいね~。

少し先に行った見晴らし台で昼食、南側の空が切れ始めて青空も見え隠れする。何だかちょっぴり良い気分。

 

いつも緊張感を強いる山行をしているメンバーもたまにはこんな気楽な山も良いのかな。やがて木道を外れ都会のような喧騒の鳩待ち峠に到着です。k池さんが推奨する花豆ソフトをチョイス、うわさ通りの美味しさで山旅の終了です。

その翌日私の首筋にマダニが吸い付いてひと騒動・・・・。

7月17日(日)s田記