皆の行きたい 憧れの妙義星穴ツアー

2017年12月3日

当初の予定は、前日筆頭岩に登り、次の日星穴岳の予定でしたが会の下草刈りがあったのでその後に道の駅妙義にテン泊することにした。秩父から車で一般道を走るが遠いこと。途中今晩の食材おでんを購入し17:00頃道の駅に到着、まだ早いのでモミジの湯に入る。ここは海抜650mの温泉で毎日量や温度が変動するという。温泉は生きていると感じた。510円だが70歳以上は三百円、S田とさんだけが恩恵があった。道の駅にテント張りいつもの宴会。

明るくなってからの6:40出発、中ノ岳神社駐車場に向かう。寒いがいい天気。身支度して中ノ岳神社の長い急な階段を登る。無銭で奥の院で登山の安全を祈願。コルまでは一般道だが急な登り。コルの前は最初の鎖場。ルンゼになっているので先頭は落石禁止。ここから左へ一般道を離れる。鎖と危険の看板が3重にある。それを無視して乗り越え進む。最近このルートは人気だそうでガイド山行も多いという。最初の西岳への登り短いがほぼ垂直に立った岩場にボルトに頼りないフィックスがありそこを登るが、いきなりのためちょっと躊躇したがみんなはすいすいと登る。上にペツルがあり確保は可能の様だ。西岳の頂上で後ろから来たベテランそうな3人組に道を譲る。何回か来ているということで我々7人だからと。これが誤りだった。西岳からの懸垂構築に時間かかること。待っていると日陰の為寒い。スピードアップの為、先発組3人と後発組4人に分けロープ2本ずつ。先発は懸垂構築、後発は回収とした。ここはほぼ垂直の林の中の40mの懸垂。後発I村さんが降りた後OKと返事があり、次の島田さん降りようとしたところで下からI村さんが大声で「降りないで」どうしたのかとびっくりしたら先頭組と一緒に下降地点より下に降りたらしい。

 

星穴岳に向かうルートは急な下りと登りの連続。次の懸垂地点の前は100m位下が見える景色が最高の岩場のトラバースで緊張する。

 

次の懸垂地点で先発組の前に3人組が懸垂中。最初が20m位の空中懸垂、次が40mの垂直の懸垂。ちょっと先の星穴岳を見落とし登らずに懸垂下降してしまう。残念。空中懸垂はぽっかり空いた穴の横を懸垂する。実に気持ちが良い。

 

穴からは星穴の影が山の斜面に映し出している。懸垂後星穴へ向かう。穴と言えば穴だがここの穴を見るのは岩の技術を持った人だけが見れる。星穴岳50m真下にぽっかり空いた穴。ここから中ノ岳神社までのルートも急斜面の下降でキツイ。帰りの高速の込み具合を心配しながら駐車場へ降りる。14:00モミジの湯に入ろうかと相談の結果直行に帰宅。正解だった。

 

2017年12月2日(前夜)~3日

中ノ岳神社駐車場(7:10)⇒主稜ノコル(8:40)⇒西岳(9:10)⇒西岳懸垂地点(10:00)⇒星穴岳懸垂(11:00)⇒星穴(12:20)⇒駐車場(14:00)

メンバー:リーダーH竜、Y城、S木、S田と、S田み、K池、I村