晴天スキー日和 神楽 SKI♪ SKI♪

2018年1月13日

1月12日

湯沢ICから程なくの除雪ステーションにて前泊。明日に備えて控えめの酒量を心がける。

1月13日 6時起床

天気は良いが気温は低い。施設外で沸かすお湯は、なかなか沸かない。

朝食は、カップラーメン、冷凍鍋焼き、冷凍ちゃんぽん等暖かメニューで皆様工夫されております。

9時 みつまた駐車場。みつまたロープウェー・かぐらゴンドラに乗り継ぎかぐらエリアに降り立つ。ぐるりと見渡すと、青空に映える白い峰々が広がる。しばらくぶりのSKIには願ってもない好天である。

○○年ぶりのスキーをするK池さんは確かめるように、幼少の頃からスキーを下駄代わりに使っていたS田とさんは喜々と、ゲレンデで滑る。

10時30分 和田小屋前で、BC組・ゲレンデ組に分かれる。

第五リフトを降りると、チェックポストがある。登山計画書の提出、ビーコン装着の確認を求められる。1年ぶりに装着するシールにまごつきながら、風のない晴天に感謝感謝である。

夏道の祓川コースを左に見て1984ピークを目指す。

初めはやはり足を上げてしまいバタバタとスキーから音が出る。。スイスイと滑らせて歩くことは普段ないものね。しばらく歩いてると汗が出てくる。

11時20分1984ピークに到着。神楽嶺の隣に、苗場山が白い姿をたたえている。お腹を満たし、シールを取り込み滑る準備をする。雪はパフパフしているようであるが、滑ってみるとそうでもない感じ。

スキーのメンテナンスをサボり、ワックスも塗らなかったのでスムーズに滑らない。S木さん、Y城さんは急な斜度もお構いなしでスイスイ滑る。自分は尾根をバタバタしながら転がり降りる。

全身に力が入りゼーゼーしている。やはりスキーは辛いスポーツである。が、冬でしか味わうことのできない流れる景色を体感できるのは気持ち良い。

12時15分 和田小屋に到着

13時30分まで飲食利用できる2階のお座敷で、S田とさん・K池さんがお座敷で脚を延ばしてくつろいでいる。

靴を脱ぐとすごい解放感にホッとする。

しばしのんびりした後、ザックをデポして、みんなでクルクルゲレンデで遊ぶ。空もだんだん薄雲がかかり始めてきた。

15時和田小屋集合して下山開始する。

雪崩の恐れがあるとのことで、ロープウェーで下る。

16時 駐車場到着

全身筋肉痛のような感じ。H竜さん・S木さんと別れ、Y城さん・S田とさん・H川さん・K池さんと帰路につく。

絶好のスキー日和に満足な一日でした。次回は、ビーコン練習・ゾンデの感触も確かめたいと思った。

写真提供:S田とさん

記:U田