高原山麓 スッカン沢 冬の贈り物 きらめきの氷柱・氷瀑

2018年1月27日

「スッカン沢に氷瀑を見にいきませんか?」

旧知の山友が誘ってくれた。

この頃は体力にさっぱり自信がなくなり、やれ腰が痛いの膝が痛いの、情けない。沢・岩はとっくにあきらめたが、雪だけはまだ行けるのではないかと、一昨年冬靴を買い、アイゼンを合わせ、雪除けも新しくした。なのに使ったのは一~二回か? 思い切って行ってみようか、迷惑かけても長い付き合いだから甘えてしまえ。逡巡の末お願いする。

学校平の駐車場までは凍っており、スノータイヤにチェーンを装着する。窓外は雪、雪、雪。雪の世界に来られたのが嬉しくて仕方ない。今年は寒いので立派な氷瀑が見られるのではないかと期待する。

車から降りると半端ない寒さ。天気が良いはずが曇り空に雪が舞う。でも、この寒さが頭にキンと凍みてまた嬉しい。

しっかり着込んで出発。駐車場のすぐ脇の登山道に入る。ガイドらしい人が数人を連れている。道はぐんぐん下り、雪を蹴散らし踏み崩し、たまに滑って転んではご愛敬。まずは雷霆(らいてい)の滝。人が多いのでチラ見でスルーして、次は咆哮霹靂(ほうこうへきれき)の滝。立派な滝に立派な名前。よくもまあこんな名前を付けたものだとセンスに感心。

そして最後、雄飛の滝。勢いよく大量の水を落とし、周りにはたくさんの氷柱を纏っている。辺りは一面の雪景色で、モノトーンの世界は美しい。木々は雪に覆われ、岩から滴り落ちる水は凍って巨大な氷柱となって広がり、迫力ある姿を見せている。以前見た秩父の三十槌の氷柱はすごいと思ったが、それを超えている。いくら見ても見飽きない。あちこち場所を変えては写真を撮ったり、ビデオにしたり、ぼうっと眺めたり…。

限りある時間にそろそろ諦めをつけ、来た道を戻る。当分幸せな気分で過ごせそうだ。友に感謝!

※左下の人物と氷柱の大きさを較べてみてください。