前武尊・湯の丸山BC

2018年3月3日

蔵王と安達太良に行く計画だったが強風の予報。安定している上信越の前武尊と湯ノ丸山に転進となった。

3/2㈮ 沼田ICで降り川場田園プラザで仮眠。軽く飲んで眠りにつく。

3/3(土) リフトの時間に合わせ、オグナほたかスキー場に向かう。

リフトを3本乗り継ぎトップに行けるが、練習もしたいので1日券を購入し計画書を提出する。2本乗り継いだコースでいい斜面を見つけ1本滑る。新雪で気持ちが良い。

10時、トップでシールを貼りコース外に出る。1ヶ月体調が悪く、久々の山なのでゆっくり登る。時々ズルっと滑るので、歩き方に気を付けないと疲れるばかり。

1時間で前武尊に到着。風もなく晴天で景色は素晴らしい。しばらく景色を楽しむ。

シールを外し、いよいよ滑りが始まる。少し戻り左側の斜面を降りるのだが、急なのでトラバースをして広くなった十二沢上部を滑る。パウダーで気持ち良く滑れる。スキー場手前で雪質が変わりコケルメンバーもいた。リフト近くでスキー板をはずし、歩いてリフト下を通りロープを超えスキー場に戻る。あっという間の15分だった。

時間も早いので、もう一本同じルートを滑ることにする。

シールを再び貼り歩き出す。慣れたのか順調に上がる。1時間弱で前武尊へ。だいぶ霞が掛って来た。休憩し滑りに入る。午後になり雪質も変わり滑りにくい。疲れもあり何度も転びながらやっとスキー場に戻れた。

下のレストランで休憩をしたく、ゲレンデを滑り降りるがすぐに両足の腿が攣り動けなくなる。しばらくしてゲレンデの端に寄り、お湯とアミノバイタルを飲んで落ち着く。こんな攣ったのは初めて‼スーさんが後ろにいてくれてよかった!

14時半、休憩所でザックを預かり、練習に行く二人を見送る。

16時半、一日遊んだ後は花咲の湯で食事をしながらゆっくり過ごす。道の駅八ッ場ふるさと館に移動。足湯がありきれいな道の駅だった。

3/4(日) 今日も良い天気。疲れも取れ、湯ノ丸スキー場に向かう。9時、地蔵峠にある駐車場に停め、リフトは使わず西側ゲレンデ横にある登山道を上がる。樹林帯を抜けると鐘のある鞍部に出た。雪が少なく、ここから急斜面になり滑れそうなルートを確認しながら頂上に向かう。登山者が多く、ぼこぼこ穴が開いている。

1時間半で湯ノ丸山に到着。頂上に着いた途端、展望が開け感動です。

休憩をし、シールを外して滑走開始ですが滑れるか心配です。ブッシュが出ているので避けて滑れるか? 横滑り又は歩いて降りてもいいやと思い滑り出すと、意外に曲がれて牧場側を鐘のあるコルまで降りることができた。板を外し柵の出入り口を通過。上がってきた樹林帯でなく、そのまま進みスキー場へ。ゲレンデでは滑降の競技を行っていたが、邪魔にならないように端を滑り駐車場に戻る。11時20分。2日間のBCは終了。あ~疲れたけど、楽しかった!

12時前なので、温泉に入らず蕎麦だけ食べる。碓氷軽井沢ICに向かう80号線沿いの霧下そば「地粉や」という蕎麦屋で美味しかった。渋滞することなく早くに帰宅。

記:H川

〈メンバー〉

L:S木、SL:Y城、H川