北アルプス・明神岳東稜

2018年8月4日~5日

明神岳主稜を登ったのは3年前だったか?次は東稜から登りたいねと言って早3年。天気は大丈夫そう。まずはひょうたん池までのザレザレの急登を行く。思ったより遠い。今回水場はないので5.3リットル担いで登る。やっと着いたひょうたん池の水はとても飲む気にはなれない。本日の目的地、ラクダのコルまではまだまだ遠い。気を引き締めなければ!ラクダのコル手前はハイマツの藪濃き半端なく、どれだけ漕ぎまくったかヘトヘト、松ヤニでベトベト(笑)。大分時間を要しました。体力勝負だなぁ。

翌日は明るくなると同時に行動開始。いきなりのトラバース怖い‼️ビビったけど行ってみたらそうでもなかった。そして、本ルートの核心バットレスに到着。気持ちのよいクライミングです。ただ、荷物が重くて後ろに引っ張られる~。山頂手前もひと登り。2回目の明神岳山頂は、前回我々が登った主稜から来た若者で賑わっていた。我々も記念撮影、パチリ。後は下って戻るだけ。と思いきや、登ると下るはこれほどまで違うのか?というくらいの急降下のザレザレ(笑)。後続のガイド山行は落石ガラガラ。ハイマツ漕ぎと下り核心の東稜でした。