夏の合間の栃木黒滝山

2018年8月18日

那須の黒滝山? 地図を見ると、大佐飛山のご近所さん。今回の山行目的は“合間の山行”なので、ちょうどいいのかも。

百村山の先で稜線に出られる新道を利用した。

黒滝山新道登山口

いきなりの急登。尾根に沿った杉林を行くと、30分で縦走路に合流した。今日は時間がありそうなのでちょっと1本。杉林が途切れ、混合樹林帯の尾根筋を行く。『カタクリ自生地につき入らないでください』との看板あり。

先日の酷暑が一時休憩とかで、清々しい青空と初秋の風が吹き渡っている。しっかりとした縦走路を忠実にたどると三石山だ。南側が開け田畑が見えている。サル山を過ぎ、次のピークの那須見台からは北側が見える。茶臼岳に旭岳・三本槍岳・高倉山などはっきりと見えていた。休憩していると私でも冷えてきそうな涼しさだ。いい天気だねー。

その後もアップダウンを繰り返し、下笹の中を行く。ダケカンバの梢の間から真っ青な空が垣間見える、風が吹き渡ってくる。あーいー気持ち。

更に縦走路はそのまま大左飛山に続いていそう。それを左にそれると開けた黒滝山山頂に出た。眼下に那須野が原が開け、蛇弥川が蛇行している。ただ、ガスが多く遠望は効かない。お昼を食べ、約1名が昼寝をし、来た道をたどって下山した。

所々、樹上2m位に赤テープあり。この縦走路、残雪期には『天空の雪の回廊』になるらしい。その頃来たいな。

リーダーH竜、T中、他1

コースタイム:黒滝山新道登山口(840)=大滝山(1240)=河下山(1310)=桃村山(1530)=登山口(1550

記:T中