奥武蔵・日和田山(305m)

2018年9月23日

 昨年から足が痛く、最近は腰が痛くなり、8月はものすごく暑かったので危険を回避し、久しぶりの登山です。

 妻が「巾着田の曼珠沙華(彼岸花)が見ごろ」と言っていたが、さほど気にせずに聞き流して、オートバイで登山口に向かったが、いつもスイスイ行く所で渋滞、「もしや?!」と思ったら、巾着田まで続いていた。この時期は車で巾着田付近(JR高麗川駅~西武線高麗駅)には近寄らない方が良い。私は、コンビニで声をかけてくれた地元の人に教えてもらった裏道でずいぶん助かった。

 日和田山の登山者は普段より多かった。やっと低山を歩ける時期になったのと、巾着田の曼珠沙華とセットで来た人も多かったのだろう。

 登山の帰りに巾着田の曼珠沙華を見に行くつもりだったが、有料と聞いて、道端の花で満足して帰った。

 

登山口近くの駐車場、今日はすでに満車

 

今日は料金500円(いつもは300円だったかな?)

 

登山口の東屋付近、いつもより登山者が多い。トイレ(水洗)と、ジュースの自動販売機もある

 

登山口の東屋から登り始め、やはり、いつもより登山者が多い

 

日和田山の山頂。親切な登山者にシャッターを押して頂いた。山頂も満員なのですぐに下山開始。

 

金刀比羅神社の前の鳥居。やはり、いつもより登山者が多い。

 

鳥居の前(下)に巾着田がデベソの様に見える。巾着田の中の駐車場も満車か?曼珠沙華(彼岸花)は写真では見えない。

 

鳥居の前から東京方面を見ると、ビル群の左端から少し離れて、鉛筆が立っている様に、東京スカイツリーが見える。富士山は今日は雲の中でした。
この日の巾着田は有料らしいので、道端の曼珠沙華(彼岸花)で満足して帰った。

 

コースタイム:日和田山登山口(巾着田側)10:20→(女坂コース)→日和田山山頂10:56~11:01→金刀比羅神社11:14~13:53→(女坂コース)→日和田山登山口(巾着田側)14:14

メンバー:SK(単独)

記:SK