真っ白な石灰岩の中里の岩場

2018年10月21日

大宮労山祭の2日目は、中里の岩場です。

ベースの南牧村自然公園キャンプ場から7時過ぎに出発。

参加者が多いので2班に分かれてのクライミング。

A班はS木さんのリーダーで「群馬エリア」に、

B班は私がリーダーで「理事長エリア」でスタートです。

 

 

午前の理事長エリアエリアは日当たりも悪く暗いイメージだ。

それでも岩は乾いていてコンディションも最高!

先ずは、易しい「シャレード5・9」に取り付く。

いつもそうだが最初の1本は緊張して動きが悪い。

トップロープにして登ってもらう。

M谷さん等は「妻は新古品」にルート名が気に入らないと言いながら

アップで登る。

続いて「セレナーデ10・A」と「ジャスミン10・A」にトライする。

「セレナーデ」はちょい被りで力がいるがいいルートです。」

3週間前に来たときは濡れていて登れなったが、「

今回はベストコンディション。

T田さんは★★★ルートの「復活左11・A」に渾身のトライです。

午後からはA班と入れ替えて「群馬エリア」へ。

ここは日が当たって明るくビレイ地点も平らで快適です。

下見に来たときに掃除して岩場はスッキリしています。

手作りのトポを参考に。

ルート名のない左から6本にロープをセットです。

①から⑥まで、5・7から10・B/Cくらいまで。

フリクションの良い石灰岩のクライミングです。

あまり登られていないので時折細かい石と粉が落ちてくる。

それでも4時ころまで楽しいクライミングでした。

メンバー:リーダーS田と、S木、Y城、M谷、H川、T田、MS、I村、K池、A部、U村、S田な

記:S田と