西上州 碧岩・大岩 スリリングな岩稜歩き

2018年10月21日

8時過ぎに駐車場から歩き出す。しばらく沢沿いの道を歩くと三段の滝だ。

左岸にある巻道を上がりなおもしばらく沢沿いに歩行。そのうちに支尾根を乗っ越し右俣から左俣に移ったと思ったら斜面に取り付き急登を登ると稜線に達した。

ちょっと稜線を歩くとすぐに翠岩への分岐だ。樹林帯の中のアップダウンを重ねて翠岩の基部にたどり着く。

ここから残置ロープを掴みながら岩稜を登る。結構面白い!

振り返るとこれから登る大岩が屹立している。

翠岩について景色を堪能した後に往路を下る。最近登っていないI丸さんのために、下りはロープで確保

(確保器は使わず、カラビナにロープを半マスト結びで通して上から確保。I丸さんはスワミベルト装着+環付きビナ)。

来た道を戻ってから今度は大岩へ。

1箇所、特に左側がスッパリ切れ落ちているリッジを登る。ここは下降時にロープが欲しいところだが、こういうところに限って樹木がない。もちろん残置ピンもなし。余裕がなかったので写真も撮せず。

大岩の山頂も景色がよい。大分遠くに浅間山が望めた。

昼食休憩後、往路を戻る。行きに危ないと思ったリッジはちょっと登りの時とルートを変えて、何かあったら下にある樹木にぶつかって止まることができるように下った。まあ、気休めだが・・・・

三段滝の下部の巻道は、5mほど岩が濡れていて危ない。残置ロープはあるがここも一応ロープを出して掴みながら下った。安全確保には時間が掛かるが、これは正解だと思う。ちょうど下ったときに巻道の上部に来ていた別パーティーの3人組は、結構下りるのに時間が掛かった様なので、ロープを出した方がいいかなと思ったところはためらわず出すべきである。

沢沿いの道をバカ話をしながら下って駐車場に戻る。西上州らしい魅力に満ち満ちた山旅でした。

コースタイム:登山口(8:15)→三段滝(9:10)→大岩・碧岩分岐(10:30)→碧岩(11:00~11:10)→大岩(13:00~13:20)→大岩・碧岩分岐(13:50)→三段滝(14:30)→登山口(15:10)

メンバー:リーダーH竜、S藤、I丸、TN、S水や、H高

記:H高