紅葉真っ盛りの乾徳山

2018年10月28日

新入会員の歓迎山行で山梨の乾徳山に行ってきた

中央道の混雑を避け下道を2時間ちょい

登山口の臨時駐車場に到着

快晴の空に徳和地区の木々も色ついていた

山の会の仲間8人と新しく入会した会員を伴って10時前の遅い出発

林道から当初の予定の道満尾根を変更してオソバ沢沿いの登山道から登る

尾根道を忠実にたどり銀昌水、錦昌水の水場で小休止

国師ヶ原分岐までの紅葉がきれいでした

月見岩までのなだらかな道は気持ちよい

やはり紅葉のシーズン登山者が行き交う

林の中に「後小角像」が鎮座していてルートの趣を感じる

やがて現れた月見岩で昼食タイム

4・5mほどの大岩でちょいボルして遊んだ

朝方見えていた富士山が雲に覆われていたが再び雲の合間から姿を現し

雲と山脈の見極めがつかず富士山がヒマラヤの高峰と見間違えるほ高く聳えていた

ススキの原が風に揺られ西に岩峰を従えた乾徳山が重厚に鎮座していた

今回私は頂上が踏めなかったけれど

紅葉の乾徳山良い山でした

メンバー: リーダーS田と、H竜、Y城、TN、S水や、W部、M谷、A部、S田な

記:S田と