北八・天狗始末の記

2019年1月26~27日

渋温泉まで。

スタッドレスを履いたU村さん運転のフリードが山道で横滑り。やっと着いた渋御殿湯では雪が降っている。帰りの不安が募り、明治温泉入り口まで戻る。車を無料駐車場に置き、路線バスでまた渋御殿湯に引き返した。

黒百合平へ

お腹が空き、行動食をと思って探すがない。何と家に置き忘れた。U村さんのものを分けてもらい、気を取り直して出発。雪がちらつく中、雪を被った樅の間を登っていく。20人以上の集団と前後しながら、歩き始めて2.5時間ほど、15時前に黒百合平に着いた。

‐20度C

テントを設営し、中で火をつける。乾燥野菜を湯で戻し、雑煮の夕食。決して美味くないが何とか食べられた。シュラフに潜る前にトイレに行った。小屋の前に掛かっている気温計が―20℃を指していた。今季初めての冬山、普段ぬくぬくと寝ていたためか、寒さで眠れない。雪山の夜は、眠る時間ではなく、何とかやり過ごす時間だと腹を括った。

天狗へ

7時に黒百合平を出発。すぐ中山峠、ここで左から日が昇ってきた(写真)。

樹林の間を行く。所々腿くらいの雪で、先行者の潜った足跡がある。樹林帯を抜けると、目の前に東天狗が高くそびえ、その右に西天狗の丸い山容が見える。彼方西北の白い連なりは北アルプス、大キレットが抉れ、南に穂高の塊、反対側には珍しく穂まで白くした槍。雪煙を上げる尾根を登る。強風で体が傾くので慎重に歩を進める。頂上直下まで来て、振り向くと、U村さんの右目の下が白くなっている。凍傷だ。あと少しだからと進もうとしたが、気分も悪いという。で、引き返した。登ってくる人が多く、道を譲りながらのんびり下った。テントに着いたら、凍傷も治っていた。良かった。

昔々

「O野さんねー、北八に行って小屋に入ると、ブランデーグラスを片手に持った気障な奴がいっぱいいてねー、そんな所には行きたくないよねー。」「そうですね。」 これは故Y本さんとの大昔の会話の一コマです。この禁制をずーっと守ってきた。今回破った訳だが、小屋には入らなかったから、事実を確かめることは出来ない。でも、厳しい寒さに加え雪煙を巻上げる強風と、十分に冬山だったし、十分楽しんた。U村さんそしてどなたかまた一緒に行ってくれませんか? 今度は登りましょう。

記:O野