穏やかなる蓼科山

2019年3月2日

リハビリ雪山山行第二弾として、まだ登ったことのない蓼科山に行ってきた。

前日早めに出発し佐久南IC近くの道の駅ヘルシーテラス佐久南で仮眠をする。

朝明るくなってから動き出し、女乃神茶屋登山口にあるすずらん峠園地無料駐車場に着いた時には車がいっぱいで駐車出来ず、道路反対側のスペースに駐車させる。TNさん曰く、いつもは除雪されていないとのこと。今年は雪が少ないので駐車させることが出来ラッキーだった。トイレも冬期閉鎖だが今回は使えることができた(使いませんでしたが)。

8:15出発。バス停まで道路を少し歩き、標識のある登山口からしっかり付いたトレースを歩き出す。すぐ左に付いてるトレースを辿って見ると、駐車場裏手から直接登るトレースだった。帰りはここを下る。

しばらく平坦な道を歩き、ミズナラ林になると傾斜が増しゆっくりと登る。樹木はカラマツや白樺に変わり、大岩がゴロゴロした所を登った辺りから樹木がまばらになり展望が開けてきた。空は真っ青! 南八ヶ岳や遠くの白い山並みが苦しさを忘れさせてくれる。

急な斜面をジグザグに登り、山頂直下で森林限界を超え大きな溶岩が現れてきた。風で雪が吹き飛ばされた為か、今年は雪が少ないからかあまり雪が付いていない。今日は風も穏やかで暖かく、凍っていないのでアイゼンなしで頂上に向かう。

ポールに沿って山頂の東面を巻くようだが、真っ白な斜面を直登出来そうなのでズボズボさせながら登る。斜面を登りきると360度の景色! ヤッター!!

北アルプス・中央アルプス・南アルプス・南八ヶ岳・乗鞍岳を眺め、強風ですぐ下山するようになると覚悟をしていたが全然寒くない。昼食を摂り奥宮に行ったりと1時間位頂上に留まる。風除けに最適な蓼科山頂ヒュッテに立ち寄ることなく下山を開始する。

下りはアイゼンを着け快適に下る。下の方は雪が解けドロドロになっていた。足の痛みも感じず無事下山。来てよかった!!

メンバー:リーダーTN・H川

コースタイム:女乃神茶屋8:15-山頂11:45~12:45-女乃神茶屋14:55

記:H川