奥多摩 雲取山 二軒小屋尾根~富田新道周回

2019年4月20日

7:00に日原林道の八丁橋ゲートをスタート。日原林道は結構急勾配でここを歩くのはしんどいのだが、今回は車に搭載してきていたホンダ・モンキーで走ってみた。一緒に行くBさんに折りたたみ自転車に乗ってもらい、20mロープを四重にし(つまり5mの距離)カラビナでモンキーと自転車を繋いで引っ張ってみる。動けるかなと思ったけれども、何とか時速10km位で移動することができた。いつもだったら90分以上掛かる富田新道入口まで30分程で到着した。

ここにモンキーと自転車をデポして林道を歩行し、20分弱で大ダワ林道入り口に到着。大ダワ林道は崩壊しているので通行禁止の表示が出ている。

大ダワ林道(実際には登山道)を下って長沢谷まで下ると釣り師2名がいた。結構な荷物を持っていたので聞いてみたら小雲取谷でビバークするとのこと。楽しそうだなあ。

長沢谷には立派な橋が掛かっていた。ここからつづら折りの道を上がり二軒小屋尾根に取り付く。

8:10位から尾根の歩行を開始した。登る分には間違いない尾根だ。結構な広い尾根だが、赤札がバッチリつている。というか、付きすぎ・・・・

モミソの頭に行くまでの尾根は結構ブナとミズナラの大木があって癒やされました。

モミソの頭には手作りの表示板があるが、標高が実際の1594mより10m違う。一生懸命作ってきたのだが間違えてしまったのだろう。

こっちが正しい。

登るに連れて雲取山が見えてきた。

芋木ノドッケ直下の急勾配に差し掛かる。四つ足歩行で登る。

眺望のない芋木ノドッケに到着。ここで本日初めて休みらしい休みを取る。

せっかく登ったのにガンガン大ダワに向かって下る。

途中で鹿の群れに出会う。多分餌を誰かがあげているのだろう。近づいても逃げない。

大ダワに到着、大ダワ林道は閉鎖されていた。

ここでBさんにアイゼンを付けてもらう(私はスパイク長靴のためそのまま歩行)。雪が結構残っていて凍っている状態だ。雰囲気が急に奥秩父っぽくなってきた。

廃墟となった雲取ヒュッテを通り過ぎ、雲取山荘に着。ここで水を飲みたかったのだが、残念ながらまだ出ていなかった。

再び奥秩父らしい樹林帯を登る。

山頂に12:06頃に到着、さすがにここは大勢人がいる。

避難小屋前に移動し、ランチタイム。ここからの風景が結構お気に入りだ。大福がうまい。

小屋はまだ誰もいない。もう少ししたら混み合うのでしょう。

一休みしてから出発。

石尾根から見る飛竜山は本当にドラゴンの背みたいだといつも思う。

もう午後になってしまったのでモヤが掛かっていてよく見えなかったが、何とか南アルプスと富士山も拝することができた。

石尾根登山道に別れを告げて富田新道に足を進める。

富田新道も倒木が多いので注意して歩行しろと表示が出ている。

サワラの平まではゆるい下りの道が続く。

昨年の秋に東京都が色々表示を出していたようだ。確かに倒木は多かったが、特に問題はなかった。

 

サワラの平には「守谷地図」によると林班標識二本とのことだったが、実際には三本あった。

サワラの平を過ぎると急勾配の下りだ。赤札だらけ。

沢の音が近づいてきたと思ったら唐松林道との分岐。

日原川を渡渉し、よく整備された道を林道まで上がる。

林道に上がり、林道を下る。自転車は最後はブレーキの効きが甘くなってしまったようで怖かったとのこと。モンキーはエンジンブレーキだけで下ることができた。

30分弱で八丁橋ゲート着。春の奥多摩を味わうことができた一日でした。

コースタイム:八丁橋ゲート7:00-富田新道入口7:30ー大ダワ林道入口7:48ー二軒小屋尾根取付8:07ー10:21芋木ノドッケ10:32ー11:34雲取山荘11:42ー12:06雲取山12:33ー富田新道分岐12:48ー富田新道入口14:44ー八丁橋ゲート15:12

メンバー:H高(記)、他1