関八州見晴台 新春ハイク下見②

2019年12月11日 曇り 

新春ハイク第2弾。9日予定でしたが、都合で参加できず。単独となりました。MSさん達はピストンだったので、休暇村あじさい館に降り、西吾野に戻るコースを試します。行きは北川の岩場に進み過ぎ、戻って、住宅街の橋を渡り、案内版に従い軒先を抜けて山に入る。不動参りの道だったので、意外に広く、杉桧林の尾根で歩きよい。高山不動尊の石段下に出て、樹齢1300年の大銀杏が目の前にそびえる。階段を上がってお参り。トイレ休憩完備。裏手から上がるとグリーンラインに出て、すぐに見晴台への道につながり、ひと登りで丸山。山頂はMSさん達行ってるので、ここまでとする。

来た道を戻り、大銀杏を降りた所で道に迷うが、少し上がって、右に入る看板を見つける。

八徳志田方向からすぐに右志田へ、少しざれてるが比較的整備されている。川原は少し荒れていた。一旦里に出て、表示に従い庭先抜け山道へ。大久保峠からあじさい館目指して進み国道へ降りる。帰りの時間があったのでちょっと走ったが、まあ、コースガイド通りか。

13時前に駅にたどり着きほっとする。新春ハイクによいかも。

メンバー T田(単独)  

西武秩父線コース 西吾野駅8:25歩始→滝道迷戻り→9:15萩の平→9:30石地蔵→10:10高山不動銀杏の大木お参り10:30→丸山山頂10:45→高山不動11:00→迷い→虚空蔵山→八徳分岐→志田集落12:15→国道→12:50西吾野駅到着