2月会山行 八ヶ岳・杣添尾根

2020年2月8~9日

計画はタカマタギの予定であったが天候不良のため杣添尾根に変更となる。Y城車(H高、H川、M谷)、H竜車(TN、A部み)の2グル-プに別れ前泊で現地集合となる。

2/8(土)

杣添尾根登山口は6~7台駐車してあった。 9時30発とかなり遅めの出発となる。本日は標高差で500mとかなり緩い行動予定。荷はそれなりの重さであるがのんびりと登っていく。途中、下山者とすれ違うも上部は視界不良で下りてきたとのこと。それにしても雪は少なく気温も高い。これからどうなるのだろうと心配になる少なさである。2200m付近から天場の候補を探し、傾斜が出てくる手前の2280m地点にて幕営。8人天はそれなりの広さが必要なので整地に時間がかかる。テントは7人横に並んで寝られる横長のテントで快適であった。今回は全個食なので湯だけ沸かせばOK。明るい時間からチビリチビリやりながら固有名詞がなかなか出ない会話に花が咲く。大きなテントで集う山行はこれがいい。いない会員の話で盛り上がるのは何処も同じか。まだまだ早い時間であるが酒もなくなり寝るしかない。朝まで長いが寝るぞ! と気合いをいれシュラフに潜り込む。

2/9(日)

夜中にトイレに起きて戻ってきても自分の寝床スペ-スがあり大きなテントはやはりいい。稜線は強風で危険なので、森林限界までとの案もあったが、H高リ-ダ-判断でこのまま下山。天場付近は森林限界内でも風があり気温以上に寒く感じる。稜線は雪煙が舞っておりその厳しさが想像できた。高度を下げるにつれ風もなくなり気温も上がってきた。

駐車場は満車。上部は強風でも杣添尾根は八ツの冬山入門コ-ス。このいい天気とあれば登山者は多いのだろう。冷え切った体を温泉に浸かりホッコリとしながら帰路についた。

<コ-スタイム>

2/8(土)曇りのち晴れ

8:30 杣添尾根登山道口 P

9:30   〃      発

12:00 幕営地(2280m)

19:00 就寝

2/9(日)晴れ 風強し

4:50 起床

8:05 幕営地発

9:30 杣添尾根登山口P

メンバ-:リーダーH高、サブリーダーH竜、H川、Y城、M谷、TN、A部み(記)