ロープワークな日々・日和田山

2016年4月9日
4月23~24日の二子・中央稜のマルチピッチクライミングのために、4月9日と4月16日の2日間、日和田山でトレーニング。もっとも16日は県連の岩ネットに午後から参加させていただき3ルートほど登らせてもらった。
4月9日(土曜日)
菊Tさん、Y城さんと、高麗川駅でピックアップしてもらい最短距離の駐車場に止めて岩場に。相変わらず大混雑の日和田山、ICIの教室や神奈川の若者の山岳会らでロープが何本も張られている、言いたくはないけれど「張っぱーなトップロープはマナー違反だろう!」と思うが、逆切れされるのも・・・・。
Shape293
取り敢えず男岩のカンテ右のルートでクライミング開始。Y城さんのリードで2ピッチ3人パーティーの想定で登る。クラックルートを登り1ピッチ、5m程の短いピッチをスタッカットで伸ばして懸垂で下降。この訓練を交代で3回ほど繰り返し、折り返しでのビレイ、同時登攀用のビレイ器を使ってのシスティムを確認した。
午後からは西面に移動してフリーで登る、久しぶりの「バルジ」に冷や汗をかいた。
4月16日(土曜日
メンバーは二子中央稜が憧れという所沢ハイキングのN島さん、H谷川さん、Y城さん、N島さんとは2回目の日和田山。Y城さんがトップでN島さんをフォロー、クラックルートが塞がっているので左から乗り越す。自然の岩場の登りは安定している。続いて同じラインをH谷川さんと登る。スピードを求められる登攀に安全性を保持して簡略化出来ないかを考える。3回ほどシスティムを確認して、午後の岩ネットに参加した。

OutlineShape1