西上州 鹿岳 楽しく快晴の岩稜歩き

2021年10月24日(日)

2年連続で中止となった石筵川の山行計画であいた日程をどうしようかと考えていた時にH川さんから西上州のお誘いがあり二つ返事で参加となりました。

久しぶりにのる高速道路は矢張り速いです。しかし休日割引にならないので帰りは下道かねなどと話しながら下仁田ICで降り、登山口の下高原P着。沢と違い駐車場の心配がないので気が楽です。荷も軽く気も軽くしっかりとした登山道を話しながらゆっくり歩いていると、カゴを担いで下りてきたおじさんに会い、キノコですか? と聞くと妙な顔をしてネギだとの返事。キノコ採りは人には教えないと聞いているのでそう答えたのかなと話していました。すると中腹の日当たりのいい斜面に畑があり、ネギが植わっていました。そうかあのおじさんはこれを採りに来たのかと合点がいきました。

稜線から見る鹿岳は、登れるのかなと思わせるような岩峰です。しかし登山道は安定した道で心配したほどではなかったです。

高原下降点からの下りは急な落ち葉で滑る要注意ル-トでした。作業道は木々岩峠からの登山道まで一部不明瞭な部分もありました。

日頃の行いのせいで 楽しく快晴の岩稜歩きができました。帰りは予定通り下道を走りましたが、高速道路も渋滞しており、結果的にあまり変わりがなかったでした。

 

6:30南大塚駅—-7:00川越IC ====下仁田IC

8:10下高原P~大久保~マメガタ峠見晴台~

10:55一ノ岳~12:15高原下降点~登山道合流~

14:05車道~下高原P

■メンバ-: H川(L)、K木、A部み