初沢で大滝初リード?鷹ノ巣谷へ

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

2016/5/22~23

夜発で初めての沢、鷹ノ巣谷へと出発しました。

今まで水に濡れるのが苦手なのと、装備を揃えるのも大変という理由で沢は避けていました。しかし、Rちゃんより沢靴を譲り受け、Jちゃんよりお古の沢用ハーネスを頂き、これはもう神様がやれと言っているのかと(笑)。自分でも寒いのが嫌なのでスパッツや沢用の着衣もろもろ購入するなどして本番に備えました。みんな優しいなあ、大切に致します。ありがとう。それにしても、沢は全くの初体験。どんなものかもわからないのに大丈夫なのかとかなり不安を感じながらも眠りに就きました。

5/23(土)晴れ。

いよいよ本番。沢デビューの衣装に着替え、軽く朝食。鳩ノ巣駐車場より日原駐車場へ移動していよいよ鷹ノ巣谷入渓です。沢靴を履いて初めて水の中に。思ったよりは冷たくないものの、この先どこまで濡れるかすご~く不安。遡行が進むにつれて足首から膝、小っちゃい滝?が出てくるたびに濡れる範囲は広がりました。一番濡れたのは、鮭の遡行のごとく流れる滝に逆らって登っていく場面で滝の流れの下の手足の置き場所を探している時に、流れの勢い で少し押し戻されジャブジャブしていたら首から水が服の中にゅ~っ!この季節に全身なのか!?驚きです。初心者の私には、水の中、石がゴロゴロしているところを歩くのも大変で、ましてや登攀的な場所では、お助け紐無しでは登れません。皆さんすいすい登っていきますが、お助け紐も最初なれず、変な体制になったり引き上げる方も大変だったと思います。とりあえず、なんとかついて行きましたが、普段使わない筋肉を沢山使いました。そんなこんなで、本日のメイン20m大滝に到着です。ここでは、リード訓練をするとMっちリーダーより事前にお話しがありましたしかし、室内壁では当然のリードも外岩では少し前に初めて、やっと、何とか、お助けヌンチャクありで成功した以来なので、内心ドキドキです。簡単なルートでも、妙な緊張が走ります。最初はY城さん&S田さんペア。次にJちゃん&私のペア。たぶん緊張していたのは私だけ(笑)Jちゃんが、手順を教える為に2ピッチに切ってくれました。支点の取り方も場所により違うので勉強になりました。しかし、私がリード、Jちゃんがフォローで上がってくるときにすっかり折り返したビレーが間違ってて、Jちゃんはフリーソロになってました。簡単なルートとはいえ、反省。ごめんね。久しぶりのマルチシステム、しっかりマスターし直さねば!本日のメインが終了し、沢歩きも少しは慣れ、あとは長いなが~いツメをひたすら登ります。S田さんは、終盤のツメの疲労を「おんせん!ビール!おんせん!ビール!」と掛け声で紛らわしてました。やっと登山道に出た時は、本当にほっとしました。全員で沢靴からアプローチシューズに履き替え、下山開始です。私は靴下の代えを忘れ、沢の靴下を絞ってぬれたままま履く羽目に!次回からは気を付けようと誓いました。   下山のペースは早く、サクサクと下りましたが、なかなかハードな山行でした。沢は想像していたよりは寒くありませんでしたが、あくまで想像より、です。アスレチック感満載な沢デビュー。皆さんに助けられ、なんとか怪我もなく終了できました。感謝です。天気にも恵まれて疲れたけど最高の沢デビューとなりました。

鳩ノ巣駐車場5:30 日原駐車場6:00 鷹の巣谷入渓6:45 地蔵の滝7:00 2段10m8:00 20m大滝9:40(リード訓練) 20m大滝発11:20 2股12:00 鷹の巣山登山道15:20 日原駐車場17:30

鷹巣入渓、20m大滝、鷹の巣登山道以外は推定時間