新緑の西丹沢 山伏沢(下降) 西沢(遡行)

2022年5月28日

前日昼まで雨。水量が心配です。山伏沢トンネル過ぎてすぐ駐車スペースあり。登山口はトンネルを戻りすぐ右側に登山口。大棚ノ頭、水ノ木分岐。ここで沢装備に変えます。少し下り、傾斜の緩やかな所から山伏沢に入ります。沢下り初めて、そして初めてリーダーの私。緊張の始まり。

美しいナメがドンドン広がっていきます。小さな滝も出現。ドキドキです。下れるか、サブリーダーのIさんに先に下ってもらい、私も後に続きます。滝のギリギリの所まで行って見ないと、滝を下れるか、下れないか判断出来ないと言うことも知りました。

また、途中まで下って滝を下ってムリな所は登り返す事が出来ると言うことも知りました。素晴らしいナメの沢です。花崗岩の為滑りません。樅ノ木橋迄下り、金山沢に入ります。これから沢を登って行きます。山伏沢と同じく美しいナメの沢です。時々魚が走ります。早い。初めて見ました。

しばらく行くと二俣。樅ノ木沢と西沢です。左の西沢に入ります。徐々に沢は狭くなり、何処から沢から離れるか、初めてリーダー、オロオロです。サブリーダーのIさんより水が流れているあいだは、沢を歩いていたほうが安全で、楽と教えてもらいました。最後はトイ状の岩場。水がチョロチョロ。岩がもろいので、一人一人登ります。ほんの少しのツメで樅ノ木の頭近くの登山道に上がれました。後は東海自然歩道のブナの緑を満喫しながらの帰りでした。

今回は経験がほとんど無い私がリーダーをしました。沢山勉強出来ました。ベテランのサブリーダー そしてご一緒出来た皆様に助けて頂きながら、素晴らしい沢、行って来ました。

■メンバー:(L)K木、(SL)I、T葉、T井

■ルート:駐車地8:10-水ノ木分岐8:55-樅木ノ頭14:35-駐車地16:55

記:K木