那須・井戸沢遡行 たまらなく夏を感じる

2020年8月15日

流石山へと突き上げる沢登り入門ルートとして知られる井戸沢への遡行。赤茶の岩肌と透き通った水の流れが美しい沢だった。

三斗小屋宿跡を通過し湯川の橋の前で入渓準備。すぐの二股は、左の涸れ沢が井戸沢だが、右の中ノ沢は水を湛えた沢なので、つい誘われてしまう。

最初のF2・約15mの滝は、右壁を高巻きロープ確保で登ったが、あとはフリーで登れる小滝が連続した。源頭部に近づくと沢筋が細くなり涸れだして遡行の終了を真直に感じ寂しくなるが、振り返ると沼原池などが眺望でき、登る先には茂った緑の先にスカイブルーの夏空と真っ白モクモクの雲が望め、そこに向かって突き上げる感じがたまらなく夏を感じさせてくれた。

藪漕ぎすることもなく稜線に登ると、岩肌を露わにした茶臼岳が荒々しく構える姿が望めた。雲行きが怪しく雷雨の心配がある為、流石山迄急ぎ登山靴に履き替えすぐに下山を開始する。

大峠より、峠沢を下降。踏み跡がはっきりしており迷わずに歩けた。途中2度ほど渡渉するが、2度目の渡渉は川に浸からなければならず、登山靴を脱いで渡る事となった。夏にもかかわらず水は冷たく、刺すような痛みを感じた。

あとは、のんびりと林道を歩きゴール地点に向かった。

いざ、井戸沢へ!

ここで沢装備

準備中

本日の核心部F2 15m

        

頑張るT川さん

      

カメラが気になるT川さん

おちゃのこさいさいH竜さん

余裕の一服!H川さん

お二人様ご休憩中

涼しげな2人

涼しげなシャワー 

          

中間部のハイライト 

流石山に登ったぞー!

メンバー:Y城(L)、H竜(SL)、T羽(記)、T川(記)、H川、TN

行程:北本市役所5:10⇒黒磯板室IC⇒大川林道ゲート7:30⇒三斗小屋宿跡8:40⇒8:50入渓点⇒14:00流石山14:30⇒15:06大峠15:15⇒17:10三斗小屋宿跡⇒17:55大川林道ゲート

記:T羽