久しぶりのハイキング高水三山

2015年11月29日

11 月 29 日 、 高 水 三 山 へ 行 っ て き ま し た 。 怪 我 続 き で 久 し ぶ り の ハ イ キ ン グ に 緊 張 し な が ら 、 集 合 場 所 の 御 嶽 駅 へ 向 か う と 、 す で に リ ー ダ の H 谷 川 さ ん 、K 藤 さ ん 、W 辺 さ ん 、 T 中 さ ん が い ま し た 。 こ の 日 の ハ イ キ ン グ コ ー ス は 、 御 嶽 駅 か ら 惣 岳 山 、 岩 茸 石 山 、 高 水 山 、 高 源 寺 、 軍 畑 駅 で 、 お 昼 は 岩 茸 石 山 山 頂 で 汁 物 を 作 る 予 定 で す 。 惣 岳 山 へ 向 う 御 嶽 駅 か ら 、 H 谷 川 さ ん に 地 図 読 み を 教 わ り ま し た 。 地 図 読 み は 山 の 中 だ け で 見 る も の と 思 っ て い ま し た が 、 駅 か ら 地 図 読 み し て い ま し た 。 山 以 外 で も 地 図 を 見 て 位 置 を 確 認 す る 事 は 大 切 だ と 思 い ま し た 。 そ し て 、 皆 さ ん と 楽 し く お し ゃ べ り を し な が ら 、 惣 岳 山 山 頂 を 目 指 し て 歩 き 、 途 中 途 中 で 、 H 谷 川 さ ん に 地 図 読 み を 教 わ り ま し た が 、 頂 上 を 目 指 す 気 持 ち が 先 走 り 、 地 図 読 み は 中 々 頭 に 入 っ て こ な く 、 地 図 読 み は 難 し い と 思 い ま し た 。 惣 岳 山 山 頂 に 着 く と 、 5 分 休 憩 を し 、 岩 茸 石 山 山 頂 を 目 指 し て 歩 き ま し た 。 そ し て 岩 茸 石 山 山 頂 に 着 く と 、 計 画 通 り お 昼 に し 、 汁 物 を 作 り ま し た 。 汁 物 を 作 る 時 、 皆 さ ん は テ ル モ ス に お 湯 を 入 れ て き ま し た が 、 私 の テ ル モ ス は 空 で 役 に 立 た ず で し た 。 皆 さ ん は 笑 っ て 許 し て く れ ま し た が 、「 次 は 気 を 付 け な い と 」 と 、 思 い ま し た お 。 昼 を 食 べ 終 わ る と 私 の 足 に 気 を 使 っ て 頂 き な が ら 次 の 山 、 高 水 山 山 頂 へ 向 か い ま し た 。 岩 茸 石 山 が 1 番 高 い 山 な の で 、 高 水 山 へ は 登 り 下 り を 繰 り 返 し な が ら の 下 山 と な り ま す が 、 下 り は 怪 我 が 多 い と 言 わ れ る の で 、 怪 我 を し な い よ う に 、 注 意 し な が ら 下 山 を し ま し た 。 そ の 時 も 、 H 谷 川 さ ん に 下 山 の 歩 き 方 を 教 わ り ま し た 。 そ し て 常 福 院 に 着 く と ト イ レ 休 憩 を し 、 そ の ま ま 軍 畑 駅 へ と 向 か い ま し た 。 そ の 途 中 に は 沢 山 の ゆ ず の 木 が あ り 、「 も う す ぐ 冬 至 だ な ぁ ~ 」 と 季 節 を 感 じ ま し た 。 H 谷 川 さ ん を 初 め と す る 皆 さ ん に は 気 を 使 っ て 頂 き 、 ま た 色 々 と 教 え て 頂 き ま し て 、 あ り が と う ご ざ い ま し た