八ヶ岳 ツルネ東稜から赤岳

2016年10月15日

これ以上の天気は望めない様 な快晴の日に、ややバリエーシ ョンルートであるツルネ東稜を 登った。K 藤さんお勧めの二十 四時間営業の銭湯(笛吹市)に 前泊した。ゆっくり休める大広 間は工事中ということで、料金 は半額の千円。お風呂に入り、 薄暗い女性専用仮眠室のリクラ イニングシートで短時間の睡眠。 翌日北杜市美しの森駐車場を 五時に出発。ヘッドランプを付 けた早朝の林道歩きは気持ちが 良い。ツルネ東稜はどんな尾根 だろうと気持ちが高まってゆく。 先週の甲斐駒ケ岳は朝から具合 が悪く、最悪のコンデションだ ったが、今日は普通である。 林道の終点らしき地点から登 山道へ進む。枯れ沢の歩きやす い道から、ゴーロ歩き、堰堤の 金属や木製梯子を登り降りする。 赤いテープや堰堤の壁に書かれ たしるしが頼りである。いつの 間にか水流が現れる。K 藤さん が古いレールの残骸を見つけた。 その先が出合い小屋(青根山岳 会管理)であった。薪ストーブ が置かれ、板の間に十人位は寝 泊りできる。 少し休憩し、いよいよツルネ 東稜の取りつきを見つけに行く。 川俣川に入る沢がいくつか出て くる。最初は赤岳沢、私たちは 左の本谷に沿って進む。また二 俣に分かれる。本谷と左から入 る権現沢との間に立派な標識が 立っている。進行方向には赤 岳・権現岳、括弧してツルネ経 由と書かれてある。立派な登山 道なのだ。ここからも尾根が立 ち上がっているが、険しそうで ある。旭岳につながる尾根であ る 立 。 派な標識になぜかちょっと がっかりしながら進むと再び小 さな沢が現れる。上の権現沢で ある。赤いテープに促されて徒 渉する。踏み跡が明確でなく、 不確かな気持ちで進んでいくと 尾根らしき高まりが見えてきた。 「バリエーションハイキング」 の松浦氏のツルネ東稜付近の略 図を参考に大岩を探す。亡くな られたお二人の方の墓標のプレ ートがはめ込まれている。右側 には、ツルネ東稜のプレートも ある。念のため、K 藤さんがG PSで確認する。別の大岩に「稜 渓新道」のプレートも確認でき た。間違いない。 意気込んで登り始める。踏み 跡もあり、登山道のように登り 易い。笹が茂っていたり、岩尾 根だったり、柔らかいフワフワ の広い尾根だったり変化に富ん でいる。ルートを探し下ばかり 見て歩いていると、K 藤さんが、 景色を見るよう促す。後ろを振 り返ると、富士山が美しい裾野 を広げてでんと構えて立ってい る。視線の右側は険しそうな天 狗尾根、左側はやはり岩峰の権 現岳の姿が素敵だ。歩き始めて から千メートルは登ってきたが それ程疲労感はない。景色も最 高だし、天気は申し分ない。 ハイ松の間を縫って明るい尾 根にポンと出る。ここがツルネ 八ヶ岳 ツルネ東稜から赤岳 十月十五日(前夜泊) 島D といぶかっていると、またもや 立派な標識があり、その下に「ツ ルネ」の文字がある。少し先に は権現岳から赤岳に続く縦走路 があり、登山者が私たちを気に せず歩いている。 視界は三百六十度、赤岳はも ちろん、阿弥陀岳、金峰山、瑞 牆山方面も見える。時間は十時、 ここまで五時間かかった。 赤岳はキレットまで下り、登 り返しのコースである。それで も、その雄姿を見るとやはり登 りたくなる。上部は岩だらけだ が、登り甲斐がありそうだ。ツ ルネ東稜は誰一人合わなかった が、さすがに縦走路は登山者が 多い。 落石を起こさないように、一 歩ずつゆっくり慎重に登る。急 登だが、あまり苦にならない。 午後一時までに頂上に着けば、 暗くならないうちに下山できそ う。十分前に山頂に到着。山頂 は大勢の人でごった返している。 単独登山らしき元気な女性に記 念写真のシャッターを押しても らう。K 藤さんに周りの山々の 解説をしてもらい、リンゴの甘 煮を食べて、元気いっぱい。 長い長い真教寺尾根を下山開 始。急坂ははしごと鎖の連続が 一時間、歩きにくいゴロゴロ石 が一時間、やっと樹林帯に入り、 扇山の登返し、再び登り返して 牛首山に到着。ベンチで一休み する。途中後ろを振り返ると、 赤岳山頂、山頂小屋も見える。 午前中歩いたツルネの尾根も確 認できる。風もなく、暑くも寒 くもなくとても歩きやすい日和 である。少し紅葉してきたカラ マツ林や笹原の間を縫って美し の森展望台を過ぎると、出発地 の美しの森駐車場がはるか下に 見えてくる。暗くなる前に到着 することができた。「今日は十二 時間コース、頑張りましたね。」 とK 藤さんが高齢者をほめて 下さる。 膝と腰が少し痛いが、荷物を 減らしたり、膝にテーピングを したりと予防をしたのが良かっ た。先週の仙丈ケ岳、甲斐駒ケ 岳登山も準備運動になっていた のだろう。思いがけなく赤岳に も登ることができて、自分の体 に感謝、リーダーのK 藤さんに も感謝である。(記 島D)

メンバー:K 藤(CL)、島D

コースタイム: 美しの森P5:00~出合小 屋 7:15~ツ ルネ取りつき 7:55 ~ ツルネ 9:55~赤岳山頂 12:50 ~ 牛首山 15:35~美しの森P17:25