奥秩父 四里観音避難小屋~百泰山避難小屋 古道を歩く

2019年9月29日

大若沢駐車場にS木車をデポしてから悪路の中津川林道を私の車で上がり、奥秩父林道との立体交差地点まで、ここが出発ポイントだ。

基本的に傾斜のない奥秩父林道を歩く。何本か沢を横断する。途中からの景色はきれいで、石灰岩の岩もあった。どうやらクライミングを試みた人がいたらしく、残置ボルトがあった。

10時頃に四里観音避難小屋への登山道に辿り着く。ここから150mのアルバイト。

しばらくは直登だが、トラバースしているなと思ったら尾根に到達した。避難小屋は稜線をちょっと尾根の向こう側に下ったところにあった。

ここはトイレもあり、水場もすぐ近くにある。非常にきれいな小屋でした。

一休みしてから百泰山への登山道を進む。基本的に下りだ。赤沢山は大きく北側をトラバースしていた。途中に三里観音が鎮座していた。この道は秩父と信州を結ぶ交通路だったことが偲ばれる。

 

90分ほど歩くと百泰山避難小屋についた。この小屋も内部はきれいだった。

一休みしてからシャクナゲ尾根に。ここは名前の通り下りだしたところはシャクナゲに覆われていて道を探すのに一苦労した。1546mの登り返しの鞍部からちょっと西側に下り、タツマノ尾根トラバースルートを歩く。尾根に戻るところが踏み跡が薄くなりちょっと一苦労した。そのあとは忠実に尾根を辿り、大若沢中将に戻った。

今回歩いたルートです。

 

コースタイム:8:35奥秩父林道ゲートー9:59登山道ー10:28四里観音避難小屋10:56ー13:31百泰山避難小屋13:46ー16:23大若沢駐車場

メンバー:S木、H高

記:H高