ガスとうっぷんが晴れた! 根子岳山スキーとスノーハイク

2020年1月25日

報告文を毎月毎月書くの恥ずかしいとしばらく休筆宣言した。が、今回の山行でちょっと楽しい事があったので書く事にした。

山行前々日“根子岳山スキー”なる計画書が来た。見るとメンバーはリーダーH竜・H川・TN。『ん? 私スキーしないって言ってるのに』怒。やりたかったがスキーは封印した。その旨をメールする。と『出来ないものは仕方がない』との意味不明の返信。やはりH竜語は難しい。よし、それなら私はずーっとスノーシューで行ってやる! レンタルでもスキーするもんか。地図と地形図をDLしただけで何も調べないぞ。私のおへそは180°曲がったまま集合場所へ向かった。

とある所でテン泊し、6:00にダボススキー場に到着。リフトは8:30から。車の中でグダグダとリフト開始を待つ。目の前見えるピークは時折ガスにかくれる。風が強そうだ。雪は少ないのに人は多い。最近こんなに人がいる山に行ってないのでちょっと緊張する。メットとゴーグルで顔が見えないH竜さんとH川さんはスキースタイルバッチリ。カッコイイ。私はいつもの顔マスクのハイキング叔母さんスタイル。トボトボとリフトに乗る。スキー履いてないのにリフトから降りられるかなぁ。
ゲレンデトップから二人はシールを付け、私はスノーシューを履いて山頂を目指す。

リフトを降りたらピッカーンの青空。気持ちいい! 厳冬期とは思えない程の雪の状態と景色と気温。これ、春スキーだよね。おへそは90°まで直った。

(準備中)

(霧氷と青空)

広々としたなだらかな斜面を上る。雪面と霧氷の向こうに青空。その青空に浮かび上がる北アルプスの白い嶺。大キレットも遠望出来る。北の白馬と南の穂高の白さが違う。積雪の量の違いだね。きっと山頂からは反対側も見えるね。早く行こ。

(北アルプスの峰々)

さすがH川さん、スキーでの歩き方うまい。ん? H竜さんは? えっ! 修行僧のような顔をして後ろから着いてくる。「スキーを付けているから山の歩き方と違うんだ。疲れたぁ。山頂まで行けるかな」と弱気! わー! いつもと立場が逆だ! 気分いいー! ハヨ行こ。時々立ち止まってH竜さんを待つ。こんな事はっじめて! お天気いい上に+αの楽しさだ。いつもとは別の楽しさ! うっぷんが晴れるー。「私の気持ち解った?」「解んねー」「私のレベルまで落ちないって?」「もちろん」「クー、口だけ達者だねぇ」
休憩。何故かスキーを外したH竜さん、一歩脚を出した途端スボッ! 太腿部まではまった。もがくH竜さんを横目で見ながら汗を拭う。わーい! 今日はいろんな意味で気分いいー! おへそは完全に元の位置に戻った。私、報告文書くね。

(潜った)

全く急登がなく山頂到着。ずーっと一緒だった北アや妙高・高妻が近い。山頂からは、今まで見えなかった東側が見えた。雪山の波波波!八ツ・浅間、遠景には男体山に皇海山・平ヶ岳。乗鞍は黒い。雪が少ないのかな。山座同定と記念撮影後、いざ下山。

(山頂で)

H川さん「滑れるかなぁ。どの辺を行こうか」と不安顔。二人とも2年ぶりだという。「TN、コースを外さずスノーシューの跡を行けよ。携帯の電源入れとけ」H竜さん、いつの間にか元気になっちゃった。あーあ、つまんない。先に歩き始めると二人が滑ってきた。滑り始めなのでへっぴり腰だ。

(笹が沢山出ている)

ノロノロと滑って行く。途中で待っていてくれた。合流してまた出発。が、慣れてきたらしく体重が板に乗ってきた。段々と勘を取り戻したらしい。

(ン10歳のH竜さんだが上手い)

二人共、様になってきた。ふと見ると、前の方に緑の塊りが横になっている。目を凝らすとH竜さん。転んでた。わー、H竜さんも転ぶんだ! と急いで写真撮影。

(転んじゃったね)

H川さんもゆっくりだが、パラレルで滑って行く。一人、北アルプスを眼前にして歩く気分は最高。「一気に滑った方が面白いから、途中で待っててくれてなくていいよ。駐車場まで先に行ってて」。でも、途中途中で待っていてくれる。この景色を見ながら滑るのは気持ちいいだろうなぁ。ホントに春スキーだ。

(H川さん『かっこよく撮ってね』と滑って行った。それなりだね)

最後ゲレンデトップからは「先に行ってスキー片付けてる」と2人滑って行った。

(眼下の光景)

『山道を下り(!)ながら、考えた』スキーやれて羨ましい。ン10年前は私だって華麗にゲレンデでウエデルン滑ってた。あと2〜3年早く大宮労山に入っていたら山スキー初めてたな。今の膝の状態を考えたらもうスキーはダメ。残念。でも二人とも、ン10歳であれだけ滑れれば大したもんだ。大宮労山多才だなぁ。

スキー三昧の生活をしていた大学時代の長期休暇を想い出し、一人でにやけ、青春した一日だった。フフフ。

メンバー
リーダーH竜 サブリーダーH川 TN

コースタイム
ゲレンデトップ9:00-根子岳避難小屋10:35-小根子分岐11:50-根子岳12:20〜13:00 小根子分岐13:15-ゲレンデトップ14:20-P14:40