薄根川支流・川場谷 上州武尊山への、美渓のルート!!

山行実施日;2009.07.17-19
参加メンバー;Hi・T(L)、Na・G、Ky・T

雨の中、車で仮眠。
18日の朝は雨だった。「いこか?もどろか?」迷うところである。一度帰りかけたが、車を反転させ気を取り戻し雨中の出発となった。平滑が続き美しい遡行となってきた。しだいに小滝が多くなり上信越特有の草付きが現れてくる。こうなってくると、Ky・T.が高巻きに苦労することとなった。くるま百合が綺麗だ。源流が近づいてきて、テント場がなかなか見つからなかった。熊笹の切り開きがありテント場としたが快適とは言い難い。
19日は登り始めて1時間もすると、青空が顔を覗かせてきた。美しい緑の源流となり、激しいやぶこぎとなってきました。9時20分順調に稜線に出た。しかしまたもや下山路に問題が出てきた。前武尊に看板が有り、「旭小屋へのコースにはクサリ場あり、一般登山者の下山は控えて下さい。」との事。我々は一般登山者ではないのだろうか?一般人だと思っているのだが。その難所のクサリ場を超えると、夕立ちがザッと降ってきてずぶ濡れとなった。旭小屋に着き今度は、長い道路歩きを覚悟して歩き始めた。ここでラッキーな事が起こったのです。キャンプ場管理人さんが、迎えに来て下さったのです。「大感謝」です。やはり計画書を渡しておいて良かった。(Hi・T記)

行程;7月17日:大宮22:00―東松山IC―関越道―沼田IC―川場温泉―桐ノ木キャンプ場0:30
7月18日:キャンプ場10:00・・・入渓点・・・ウナギの寝床・・・東電小屋・・・獅子の牢12:00・・・4mスダレ滝14:00・・・8m滝・・・家の串下の沢出合16:00・・・テント場17:20
7月19日:テント場6:20・・・白い硫黄水の沢・・・やぶこぎ2時間・・・稜線9:20・・・武尊山頂10:10・・・中の岳・・・前武尊12:00・・・天狗岩・・・不動岩・・・旭小屋16:00・・・県道・・・桐ノ木キャンプ場――大宮へ