鷹狩山‐信濃大町

山行実施日;2013年10月23日
参加メンバー;Ma.S、To.F、Ka.T、他2

く例会に出られない状況の中、会報に例会の内容が掲載されており、いつもありがたく読ませていただいている。10月号に例会における『道迷い』の記事があったので山行日前日に目を通して出掛けた。

鷹狩山直下のミニ植物園にはシュンラン、ササバギンラン、キキョウなどの名札があるがマツムシソウを除き花も葉も確認出来ない。下山時にはユリと思われる株を誰かが見つけた、笹のような葉がついていたのでササユリだろうか?

緑色に混じり、赤や黄に色付いている木々もある。心を和ませる薄黄色の葉が印象的な葉の木には『○○カエデ(名前は忘れました)』と名札がついている。葉はカエデの語源とされる蛙の手のようには別れていない。ウリハダカエデと名札のある木もある。幹の肌からして漢字は『瓜肌楓】だろう。

展望台広場からは、大町市街がよく見渡せる。が、案の定台風の影響のため、市街の上の北アルプスは分厚い雲の中。展望案内板では雪を頂いた白馬、鹿島槍など名峰がズラッと横一列に並んでいる。

展望台の横には観光客の車が停めてある。が、地図には車道は載っていない。日曜日予定のハイクのための案内もあるが、それでも分岐等もあり所々でどちらへ行くべきか考えさせられる。会報にあった道迷いの心理状態を思い出す、なんとか冷静に対応出来た。が、地図読みはまだまだ未熟と改めて感じ、帰ってからまたI講師の『道迷いの心理』読み返した。

霊松寺、大峰高原七色大楓を見学し、川越駅に21時に到着、信濃大町は埼玉からかなり遠い。『良く晴れた日に』、北アを観ながら、花・紅葉を愛でたい里山!!と感じた。

鷹狩山山麓霊松寺 大嶺高原七色大楓(鷹狩山)