水量が倍の沢コ ース 棒の嶺 標高 969 m

2016 年 9 月 25 日

4カ月ほど歩いていなかったので 体力に自信がなく、入会してもなか なか山行に参加する機会を持てずに いました。今回、初参加させて頂き ました。棒の嶺は4回目となります。 前日まで雨模様の天気が続きまし たが、本日は久しぶりの晴天に恵ま れ、晴れやかな気分で迎えることが できました。L植山さんは沢の水量 を心配してなかなかコースを決めら れない様子でしたが、濡れれば済む ことで、沢コースに決まりました。 清M 常好さんがトップを担当し、2 番手に福D 美子さん、フォローの3 番手に私が入ることになった。 天気は良いが湿度は高く、涼しい はずの沢は風もなく蒸し暑い。水量 はあてずっぽうで倍くらいでしょう か。途中福D さんにシュリンゲを巻 いて確保することもあったが、無事 尾根道へ。時たまそよぐ風に涼しさ を感じながら、権次入峠、むき出し の樹木の根をかわしながら頂上に到 着。夏のアザミはそろそろ終わり、 ススキとアキアカネ。大気は水蒸気 に薄く覆われ日差しが熱く感じられ た 福 。 D さん夫妻が豚汁を用意してく れた。具だくさん、特に自家製のみ そは塩辛さを感じない。とてもうま い。ありがとうございました。 1時間半ほど山頂で過ごし、下山 となった。さわらびの湯駐車場に向 け、滝ノ平尾根コースを下る。W 部 さんが元気いっぱい、足取りも軽い。 清M 常好さんがトップを歩きながら も、時折後続に配慮する。K 端さん、 福D 利光さんも堅調。数名が途中か ら自分のペースで下り始め、岩茸石 で後続を待つ。露出した根の下り道 は長い。車にたどり着いたのは16 時頃となった。 久しぶりの天気に恵まれ、楽しい 一日でした。LU 村さん、メンバー の皆さんに感謝。 (阿B 記)

メンバー:L_U 村 、 S 々 木ま、 福 D 美、 福 D 利、 本 D W 部 、 K 端 、 世 K 、 清 M 常 清 M 八、 阿 B 、 世 K 佳、 計 11 名