とにかくピークを超えて進む 古賀志山

2018年5月20日

H川さんから山のお誘いが舞い込んだ。計画書の山行目的に、プチ岩場とある。ネットで事前調べをすると、中尾根・東稜ルートは鎖場があるようだ。行けそうと判断して参加を表明する。

筑波山もよく見える東北道は順調に流れていた。宇都宮市森林公園内赤川ダム駐車場に車を置く。この公園内には宿泊施設や、サイクリングコースも完備しているようだ。

8:30出発。赤川ダム湖の向こうに古賀志山がくっきりおさまっている。野外活動には絶好の日和である。登山者も多く、前にも後ろにもお仲間が歩いている。道を確認しながら歩くも、ついつい違う北コースに踏み入れそうになる。100以上ものルートがあると言われる山だそうだ。

ほどなく虎ロープが下がっている岩場の下に着く。いきなり緊張感UP。ヘルメットを持ってくればよかった。体重を軽くしているうちに、後ろから来た若者が、軽々と登って行った。後続の一行は、少しルートを外して、ロープを出して登っていくようである。ボルトも打ち込んであり、練習できるね! とH川隊長。一本目はかなりドキドキ慎重に登る。本数を重ね、高度を上げるごとに視界が広がってくる。気持ち良い風も吹いてくる。

10:30 にょきっとした軍艦岩が出てきた。今回の目的の一つである。

先端にはムズムズしてとても行けない。でも眺めは最高である。

小さなピーク・岩場を巻かないで進んだので思いの外、時間を費やしてしまった。

12:00 お腹がすいてとても山頂までお昼を我慢できない。

見晴らしの利くピークで、日差しを遮る木陰のもと大休止。目の前の山頂まではあと少し。

12:30 富士見峠

12:40 古賀志山

12:50 見晴らし台

御嶽山に行く計画だったが、時間も押してしまい割愛することに。

13:00 東稜コース下山開始。いきなりの鎖を使って下山。しっかり2本の鎖を持って体が振られないように下りる。しがみついていると足元が見えなく、少し壁から離れるように体を持っていくと足元も確認できる。4カ所の鎖場を無事に通過してホッと一息。

高度も順調に下げて歩いていくと何やら車道が出てきた。思ったよりも早く車道に遭遇して地図を見る。尾根を一筋間違えたことに気付く。鎖場終えてからの尾根のルート取りを誤ったようである。あとは尾根を下るのみと地図を確認しなかったのが原因のようだ。ポイントごとに地図を確認しないと。今回の反省点である。このまま車道をテレテレ歩くのも嫌なので山道を繋ぐルートを取ることにする。

14:50 サイクリング管理センターの建物脇に無事到着。

朝歩き始めた脇のテントは、農産物直売所らしく、野菜等はほぼ完売。売り子さんによると、登る前に野菜など購入して、下山するまでキープしてもらう登山者もいるとの事。次回は下り損ねた東稜ルートを歩き、キープした野菜を持って帰ることにしよう!

帰路についてからのお楽しみは、T中たさん行きつけの湯葉屋さんに寄る事。迷わず下山? できたお陰で、お店も開いており、お勧めの品を購入できたのは有難かった。

〈メンバー〉

L:T中た、H川、U田

コースタイム

赤川ダムP(8:40)=富士見峠(12:30)=古賀志山(12:40)=林道(14:05)=サイクル管理センター(14:50)=赤川ダムP(15:00)

記:U田