青い空と白い雪原  浅間・前掛山

2019年3月2日

急に山に行きたくなって、GKさんに連絡を取った。了解をもらう、しかも有難いことに自宅まで迎えに来てくれるとのこと。

3月2日、O川さんとMSさんが乗るGKさんの車で5:30自宅を出発。本庄でS野さんを乗せて8時過ぎに登山口の浅間山荘に着いた。

展望のない谷に沿った道を進むと、一の鳥居、日陰には雪が出てくる。土が凍っているのでぬかるみはない。すぐに二の鳥居、倒壊している。2時間ほどで火山館に着いた。

アイゼンを付けて樹林の雪原を行く。2日前の平地の雨はここでは雪だったようだ。賽の河原あたりで、お馴染縦縞模様の大きな浅間の山容が現れた。

 雪面を斜上する。所々踝位まで雪がある。標高が上がるにつれ志賀、四阿山、八、北アルプスなどの山が現れる。MSさん、O川さん、私の3人とS野さんとの間が少し空く。GKさんが清野さんをサポートする。急になった傾斜を詰めると、外輪山の一角で、シェルターが立っている。これ以上本峰に近づくのは禁止。外輪山の連なりの先に人のように一本の丸太が立っている。前掛山山頂だ。

傾斜の緩い尾根を辿って13時過ぎ、雪に覆われた山頂に着いた。殆ど無風。空は春には珍しい濃く深い青。遠くに北アルプスが白い帯になっている。メンバーは写真を撮りあっている。

本峰の縦縞を横切って白い線が続いている。50年も前に歩いた峰の茶屋からの登山路かもしれない。随分年が経ったものだ。

帰り、凍った土が解けて道は一部ぬかるんでいた。事故に気を付けて慎重に下った。年の割には動けたという喜びがあった。

メンバー:リーダーGK、MS、O川、O野、他1

記:O野