上越・小出俣山 (おいずまたさん)

2019年3月9日

労山埼玉県中部ブロック交流雪山山行で積雪期限定ルートが多い谷川連峰界隈で、今回は千曲平橋からオゼノ尾根を登って山頂に至るコースを選んで企画され、参加者は四山岳会総勢15名になった。この一年は厳しい山登りはしておらず、さらに雪山は昨年春以来で少々不安を抱きながら参加する。

好天気の週末で高速道は渋滞し、約1時間遅れで川古温泉駐車場に到着する。他の参加者はすでに準備を終えて待っていた。慌てて準備して全員で出発する。なだらかで雪も少ない林道を約1時間歩いて千曲平橋に到着、手前の平らな雪原にテントを設営する。当方は久し振りで自前テントを持参した。

すぐに宴会が始まる。雪のテーブルを作って皆が持参したアルコールを飲み始める。同時にテーブルでたき火を始める。強者がいて一升瓶を持って来た人もいて日が暮れて寒くなる頃にはアルコールがほぼ無くなっていた。その後はテントに入り和やかに交流会を続ける。

雪のテーブルで宴会開始

一升瓶を!強者

翌朝は満天の星空で明ける。早々に朝食を食べて5時40分頃出発する。オゼノ尾根末端近くから登り始める。雪は少し柔らかいがアイゼンが気持ちよく効いて登れるが急登が続く。

急な尾根を登り始める

しっかりしたトレースがあり標高1400m付近を過ぎて前方に大岩が現れる。ネットで判っていた場所で右側をトラバース気味に巻く。後続の参加者を写真に撮ろうとして手袋を外して落として仕舞い見る間に急な雪の坂を滑り落ちてしまった。反省!

その後も急坂は続き山頂手前のピークを二つ過ぎると横に長い山頂に到着する。目の前にすばらしい展望が広がる。左に仙ノ倉山、正面に万太郎山からの谷川への稜線、俎嵓(まないたぐら)、右に谷川岳、さらに右遠方に至仏山など尾瀬の山々、武尊山隗、後ろには吾妻耶山、三国山など。

十分に展望を堪能して全員で記念写真を撮り下山を始める。苦労して登った急坂をザクザクと下る。下りながら谷川岳方面の山々を名残惜しく眺めていた。下りにいい加減飽きてやっとテント場に到着する。テントを撤収して林道をグダグダと歩く。疲れた!
帰りの途中で猿ヶ京温泉の共同湯に浸かりさっぱりとする。天気も良くて充実した山行になった。

行程:自宅・・・コンビニ7:00-新座駅前-関越道-前橋-月夜野IC-川古温泉P12:00頃・・・千曲平橋付近13:15頃、宴会(テント泊)5:40
・・・小出俣山10:10頃/10:45頃・・・大岩11:30頃・・・オゼノ尾根取付13:15頃・・・テント場13:20、14::20頃・・・川古温泉P15:20頃、15:50頃
-猿ヶ京温泉・共同浴場(温泉入浴)16:10頃-帰埼-自宅21:00頃

記:I﨑