バリエーションルートからの焼石岳

2019年10月6日

9時ちょっと前にトイレのある中沼登山口を出発。

しばらく樹林帯を歩くと中沼、次いで上沼を通る。

上沼からちょっと歩くとつぶ沼登山口からの道と合流、そこから30分弱歩くと銀名水避難小屋。小屋はきれいでした。美味しい銀名水をペットボトルに充填して歩行再開。

小屋から歩くとすぐに横岳へのルート。一応、一般道ではありませんよという表示がある。

さて、ここから登高開始。結構藪が濃いところもあってそれなりに大変は大変だったが、迷うことはなかった。

振り返ると銀名水避難小屋がポツリと。

稜線が近づくに従い、いい感じになってきた!

急勾配をゼーゼーいいながら這い上がり、頂上稜線に辿り着くと紅葉の絨毯が出迎えてくれた。

今まで藪ルートを通っていて歩きにくいと文句を散々言っていた仲間達も現金なもので喜んでいる。先行パーティーが一組だけいたが、それ以外は誰もいない稜線をゆっくり景色を楽しみながら歩行。

焼石岳の直下で一般道と合流、急登を登って山頂に到達。360度の景色を飽きもせず眺める。

下山は一般道を辿る。東北の紅葉を味わった一日でした。

コースタイム:中沼登山口8:58-10:50銀名水避難小屋10:58-11:00横岳登山口-12:40横岳-13:00焼石岳13:30ー15:00銀名水避難小屋15:10-16:30中沼登山口

メンバー:H高(記)、他3