台風直後の高尾山~北高尾山稜

2019年10月20日

8時に高尾山口駅を歩き出す。1号路と6号路が通行止めとあって、登路に取った稲荷山コースは結構な人人人だ。

辿り着いた高尾山も凄い人だらけ。

ここから大垂水峠~南高尾山稜を通って高尾駅にダイレクトインしようと思っていたのだけれども、通行止めとのことで景信山方面に行くことにした。

1時間歩いて小仏城山へ。ここも人だらけ。

さらに1時間歩いて景信山。やっぱり人が多い。ここで昼食。

景信山を下り、小仏バス停に下る南東尾根コースと別れて小下沢(こうげさわ)コースに入ったらやっと静かな山歩きとなった。

小下沢に流れ込む支流の沢沿いの登山道から試練が始まった。台風による大量の雨によって土砂崩れが沢沿いに発生した模様で、土石流が地盤を流し去ってしまい登山道が一部無くなっていた。

 

ようやく辿り着いた小下沢も橋が流されてしまい、靴を濡らさず徒渉するのは結構大変だ。

私は向こう側まで曲がって伸びている二本の樹木を使って何とか渡ったが、私より身長がちょっとだけ足りない同行者達にはこの手段は使えない。両岸から石を投げ込み、かつ丸太も運んでなんとか渡れる徒渉ポイントを作った。その上で彼女たちが渡る。

徒渉作業しているときに同じ会のH竜さんとTNさんとお会いしてビックリした。お二人はこの沢を徒渉するつもりだったが諦めて林道を下っていった。

私達はここから北高尾山稜縦走コースまで約150mのアルバイトを行って稜線に乗っかり、アップダウンを繰り返して八王子城山についた。至る所に古城の雰囲気がプンプンする場所で、いつかまた時間を取ってここだけ行ってみたい気になった。

下ったがバスはちょっと前に出たところだった。車道歩きを強いられ、都道61号線まで出て霊園前バス停まで歩き本日の我々の山歩きは終了した。15km近くを歩いた山行でした。ここに限らず、沢沿いの登山道は結構流されているかもしれません。

 

コースタイム:8:00高尾山口駅-9:30高尾山9:40-10:40小仏城山10:50-11:50景信山12:42-13:58小下沢徒渉点14:04-15:58八王子城山-16:25八王子城跡バス停-16:44霊園前バス停

メンバー:H高(記)、他3