紅葉狩失敗その2 苗場山(祓川コース)

2019年11月3日

苗場山のゴンドラドラゴンの紅葉が見事だという。先週、表妙義山の紅葉狩に見事に失敗したので、今回は期待したい。
7:30駐車場はほぼ満杯。今回は完全な一般道だからか人が多い。スキーコースを見上げながら歩く。樹林帯に入るとグチャグチャと靴が音を立てるうえに岩ゴロゴロのとっても歩き難い道だ。下の芝・中の芝と行く。どこまで行っても大きな岩ゴロと木道。中の芝まで行ってようやく視界が開けてきた。休憩しながら山座同定をする。雲は多いが360°見渡せる。平標山や仙ノ倉山は重なっているが、赤城山や巻機山・越後三山は個々に見える。谷川岳の左奥のトンガリは? 武尊山だ。ピラミダルでやっぱりかっこいい。
登山再開。木道が多くなりこれまた歩き難い。視界も開けてきた。が、やはり上越。登山道脇に薄氷が張っていた。


薄氷

上の芝を越え股スリ岩を乗り越えると『神楽ヶ峰』の小さな案内板あり。わ、休憩休憩と山頂らしき所へ上がるが、登山道脇の笹の中の低木のみ。何も無し。えー行ってソンした! 仕方ない。休憩断念。西の方に巻くとでーんと溶岩ドームのような苗場山が見えてきた。

苗場山の右肩に大源太山

右の肩に大源太山の三角屋根と越後三山。草原状の気持ちのいい尾根道だ。夏はお花畑になる事だろう。
ここは気持ちがいいが、目の前の急登を登らなければならない。150m下って250m登り返す。急だ。所々視界が開け、下まで覗ける。わー、落ちたら終わりだねー。遠目に、斜面を覆うモスグリーンの笹とその中に立つシラカバの白が美しい。でも、この急登なんとかして。朳差の鉾立峰の急登みたい。でも、あれよりはマシかな。とかなんとか次第に傾斜が緩み山頂の台地に出た。

目の前が急に開けた

池塘がいっぱい。枯れた草が池塘を褐色に包んでいた。

池塘

木道を歩き、山頂の標識を見つけた。

人がいっぱい。木道脇あちこちにベンチがあり、

山頂

休憩所になっている。私達もここでコーヒー付き昼食だ。わー! 山でこんなゆっくりしたランチタイム初めてかもー。ケーキが欲しかったなぁ。
30分のランチと山座同定の後下山。せっかく登った急坂を下り、

せっかく登ったのに

草原の尾根を行き、グチャグチャと大石ゴロゴロを下りて車に戻った。  あ、この山行目的紅葉狩りだった! 山頂は枯れ草、麓が散り際の黄葉、だったかな。今回は遅かったね。昔の人が神様の田んぼと言った山頂は休耕田だった。

神様の休耕田

メンバー リーダーH竜、 TN
コースタイム
P7:30−和田小屋7:50-中ノ芝9:51〜10:05-上ノ芝10:15-神楽ヶ峰10:40-苗場山11:50〜12:35-神楽ヶ峰13:40-上ノ芝14:00-中ノ芝14:20-和田小屋16:00-P16:20

(写真 H竜・TN)

(記:TN)