サクラスミレを訪ねて小楢山

平日の5月24日水曜日、高橋(克)さんのお花見山行に参加した。山域は塩山から焼山峠と乙女高原、なんでもサクラスミレはスミレの女王だそうで、Lの高橋さんも見た事がないと言う、それ程なかなか会えないお花でなので、咲いているかどうか・・・・・。まずは乙女高原の散策路を歩いて目を凝らす。歩きはじめて直ぐにその花はありました、花弁の先に小さな切れ込みがあるのが特徴、ほんの僅かに確認できてサクラスミレを同定。散策路の周りは虎ロープでしっかり保護されていて、注意深くファインダーを覗いてパチリ! 皆さんその可憐なお花に感動です。1時間ほどお散歩して、公園のベンチで昼食タイム。丁度ボランティアの人が作業の後で休憩していました。焼山峠に戻り、小楢山に向かう。登山口には子授け地蔵が立ち並んで、ちょっと異様だが、子どもが授かるようにと言う願を感じました。道はなだらかで歩きやすく、佐々木(雅)さんのリハビリ山行にはピッタリのコースです、しかもタチツボスミレと共に、サクラスミレがあちらこちらに群生していて見事なお花畑です。しかし、数十年前にも一度登った事のあるお山でしたが、全く記憶も定かではなく、しかもサクラスミレが咲いていたかも不明、何だか新しい発見のあった山でした。(記 塩D)

コースタイム:乙女高原10:00~11:30焼山峠12:30~小楢山13:40・14:30~焼山峠15:40

メンバー:LKT、S々木(雅)塩D、K原塚、他2